当ブログ内のすべての文面と画像の二次使用を禁止します。
なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2017年06月26日

ベリエールまさかの復活!!





京成千葉中央駅付近の高架下ショッピングセンターが、現在の「Mio(ミーオ)」として2004年9月23日にリニューアルオープンする前は、「リブレ京成」やパチンコ店などが営業されていましたが、駅の改札を出て左手、パチンコ店の手前あたりに薄暗い感じの洋食レストランがあり、それが京成傘下の京成興業が運営する「京成ベリエール」というレストランでした。

おそらく、千葉中央駅が高架化された1967年(昭和42年)頃より営業されていたものと思われ、管理人も1990年代に一度だけ食事をした憶えがあります。

しかし2004年のリニューアル工事までに閉店となり、パチンコ店だった部分も含めて現在もお馴染みのフードコートとなりました。

ただ、フードコートの西側の一角に複数のレストランもリニューアルと同時に出店し、そのうちのひとつが「ベルエポック」というやはり薄暗い感じの洋食レストランだったので、それがベリエールの代わりみたいなものだと思っていたことも確かです。(食べログ

京成ベリエールは、管理人の知る限りでは成田空港の開港時からリニューアルされるまでのターミナルビル(現在の第1旅客ターミナルビル)のレストラン街や、旧京成成田空港駅(現在の東成田駅)の構内にありましたが、すべて閉店となり消滅し、もう2度と復活することはないだろうと考えていました。

ところが、先のミーオ内のベルエポックが今年の3月31日限りで閉店となり、なんと驚いたことに4月14日に京成興業から改名したイウォレ京成による「ベリエール」として新たにオープンしたのです!!
イウォレ京成公式)(ミーオ公式

管理人は成田空港のベリエールでよく食べたあの洋食がまた味わえることが嬉しくなり、先日食事しようと思い行ってみたものの、ちょうど店休日のため残念ながら利用することはできませんでしたが、店名は確かにベリエールになっていました。

ss170626-01.jpg

しかし、ベルエポックについては管理人も数年前に何度か食事したことがあるのですが、ベリエールになっても店内はほとんど同じ感じで、メニューもそれほど大きく変わったような印象を受けず、それならばどうしてここへきてわざわざ店名を変えたのかと不思議になります。

おそらくは何らかの理由でベルエポックの営業継続が困難になったため、イウォレ京成がそのまま引き継ぎ、往年の店名を復活させたうえでオープンさせたといったところかと思いますが・・・

京成の副業としての飲食業の歴史はかなり古く、ホテルも長年に渡り運営しているだけに料理に関するさまざまなノウハウが蓄積されているものと思われ、現に成田空港第1旅客ターミナルビル内にある同じくイウォレ京成による和食系の「京成友膳」についても、個人的にはそこらのファミレスなどよりもよっぽど味がいいという印象を持っていますが、この復活したベリエールもそんな昔からのノウハウが活かされているのか、早く食べに行って確かめてみたいものです。

メニューを見てみると、海老フライ定食以外はすべて税込1000円以下と、ベルエポックよりも安くなっている感じで、なかなか手頃な値段の洋食レストランでもあると言えるでしょう。(ベリエールメニュー

posted by SS at 23:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

姉妹ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ

http://sscar.seesaa.net/


■SSエンタメブログ

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

車種を特定した矢先の事故【映像・SV・記事】



>>>>(自動車ブログでこの記事を見る)<<<<


>>>>(エンタメブログでこの記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

103系直流通勤形電車 BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:<旧国鉄形車両集>103系直流通勤形電車 [Blu-ray]

■発売日:2017/08/16

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ピアシティ稲毛海岸開業日





当ブログでこれまでに何度も取り上げてきた「(仮称)ピアシティ稲毛海岸SC」の開業日について、核テナントであるカスミからの公式発表はまだありませんが、SC内に入る複数のテナントが7月28日(水)オープン!としているので、それがSC全体の開業日になるとみて間違いないでしょう。

現在のところ「フードスクエアカスミ」以外に出店することが判明しているテナントは以下の通りです。

:回転しない寿司「魚べい」ピアシティ稲毛海岸店

:美容(理容?)「プラージュ」ピアシティ稲毛海岸店

:イオンペット(株)「PeTeMo」ピアシティ稲毛海岸店

:「ペットプラス」ピアシティ稲毛海岸店

どうしてペットショップが2つあるのかわかりませんが、その両方の求人情報がネットに掲載されているのは間違いありません。





なお、参考までに「ピアシティ」とは、大和ハウスグループとカスミの共同事業による商業施設の名称で、カスミを核としていくつかのテナントも含めた形態のSCとなっており、千葉県内では2008年3月8日開業の八街、2013年11月20日開業の柏中新宿に続き、稲毛海岸は3店舗目となります。

ただ、2015年10月7日にオープンした「フードスクエアカスミ東習志野店」についても、間違いなく大和ハウスグループの建設によるもので、カスミ以外にも複数のテナントが同じ敷地内に出店したSCにもかかわらず、どうしてピアシティとしなかったのか不思議ですが・・・
posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SC開店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

運転動画:成田鹿島線1【映像・記事】


■本文(一部)


今回は今年の2月22日に公開されたJR成田線の佐原から鹿島線の鹿島神宮までのBVE5運転動画となります。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

Y31型セドリック ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/43 LV-N43-18a セドリック セダン 黒

■発売日:2017/08/31

商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/43スケール、ダイキャスト製ミニカー。

2017年6月に誕生30周年を迎えるY31型セドリック/グロリア。
それを記念してTLVでは1/43スケールで3ナンバーの前期型4ドアセダンをモデル化。
基本的にはタクシー、パトカー仕様をベースとしますが、厚型のサイドモールを彫刻した別金型を製作。
デビュー当初の最上級車V30ターボブロアムVIPを再現。

実車は1987年6月に登場、それまでのY30系とはガラリと印象を変え、フォーマルさは残しつつも時流に沿ったスタイルに変身。
メカニズムも一新され、歴代初の4輪独立懸架を採用するなど、セドリック/グロリアのイメージを覆すものでした。
市場の反響も良く、セダン型はタクシー専用車として最終的に2014年までと長寿を誇ったことも特筆されます。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

西友本八幡店について





市川市のJR本八幡駅周辺は、京成八幡駅前にあった京成百貨店こそ取り壊され再開発が行われましたが、「PATIO本八幡」、パチンコやボウリングなどの遊技場やTSYTAYAなどが入っている「八幡籏ビルディング」、「西友本八幡店」、さらにかつて長崎屋だった「MEGAドン・キホーテ本八幡店」といったように、昭和40年代建設のかなり古いビルが数多く残る街という印象を受けざるを得ません。

このままでは震度6以上の大地震が発生した場合大丈夫なのかと心配になりますが、そのうち1970年5月に開業した築47年の「西友本八幡店」が、やはり老朽化や耐震不足を理由に本年8月31日18時をもって一度店を閉め、建て替えのうえ2020年にリニューアルオープンすることがわかりました。

この本八幡の西友には個人的によく行ったので、長年に渡り存在した現行の建物がなくなるのはちょっと寂しい気もしますが、耐震不足となれば建て替えもやむを得ないでしょう。

なお、耐震といえば1972年10月12日に開業した「シャポー本八幡」の西側が現在耐震強化のためのリニューアル工事の真っ最中で、東側はすでに工事を終えています。

西友が一時休業してまで大規模な建て替えを行うのは、そのシャポーのリニューアルや、ターミナルシティ本八幡内の「フードスクエアカスミ」、「イオンタウン市川大和田」といった近年新たに出現した商業施設への対抗でもあることは間違いありません。

西友と同じく1970年中に開業し築47年となるMEGAドン・キホーテや八幡籏ビルも耐震不足が懸念されますが、西友の建て替えが決まった今、そのすぐ近くにあり長年のライバルだった旧長崎屋のMEGAドンキが、現行の建物のままいつまで営業を続けるのか気になるところです。



posted by SS at 23:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SC改装情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

エンタメブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

高校時代の管理人2-1【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

京王線/井の頭線 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:京王電鉄運転席展望 新宿→京王八王子/井の頭線 渋谷~吉祥寺【往復】 7000系/1000系 [DVD]

■発売日:2017/07/07

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
京王線、新宿駅から京王八王子駅までのうららかな春から初夏の気配も感じる展望映像となっております

京王電鉄の鉄道路線である京王線(けいおうせん)の前面展望となっております。
新宿駅から橋本駅までの準特急と橋本駅から新線新宿駅までの快速を収録しております。
当日は晴天にも恵まれ初夏のような気温の中、新宿駅から京王八王子駅までと井の頭線の
渋谷から吉祥寺の往復の前面展望映像となっております。
京王電鉄株式会社商品化許諾済
2017年/ANRS-72228/COLOR/本編約100分/音声:1ストリーム/
ドルビーデジタル・2chステレオ/16:9/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止
/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品
■撮影日/2017年4月19日(水)晴れ
■車両/7000系
■区間/新宿駅(10時07分発)⇒京王八王子駅(10時50分着) 準特急
■撮影日/2017年4月20日(木)晴れ
■車両/1000系
■区間/井の頭線 吉祥寺駅(14時24分発)⇒渋谷駅(14時41分着) 急行
■区間/井の頭線 渋谷駅(15時17分発)⇒吉祥寺駅(15時47分着) 普通

【停車駅】 新宿駅(10時07分発)⇒京王八王子駅(10時50分着) 準特急
新宿(しんじゅく) - 笹塚(ささづか) - 明大前(めいだいまえ) - 千歳烏山(ちとせからすやま)
- 調布(ちょうふ) - 府中(ふちゅう) - 分倍河原(ぶばいがわら) - 聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)
- 高幡不動(たかはたふどう) - 北野(きたの) - 京王八王子(けいおうはちおうじ)

【停車駅】 井の頭線 吉祥寺駅(14時24分発)⇒渋谷駅(14時41分着) 急行
吉祥寺(きちじょうじ) - 久我山(くがやま) - 永福町(えいふくちょう) - 明大前(めいだいまえ)
- 下北沢(しもきたざわ) - 渋谷(しぶや)

【停車駅】 井の頭線 渋谷駅(15時17分発)⇒吉祥寺駅(15時47分着) 普通
渋谷(しぶや) - 神泉(しんせん) - 駒場東大前(こまばとうだいまえ) - 池ノ上(いけのうえ)
- 下北沢(しもきたざわ) - 新代田(しんだいた) - 東松原(ひがしまつばら) - 明大前(めいだいまえ)
- 永福町(えいふくちょう) - 西永福(にしえいふく) - 浜田山(はまだやま) - 高井戸(たかいど) -
富士見ヶ丘(ふじみがおか) - 久我山(くがやま) - 三鷹台(みたかだい) - 井の頭公園(いのかしらこうえん)
- 吉祥寺(きちじょうじ)
高幡不動検車区、富士見ヶ丘検車区の映像も収録

■本作はハイビジョンで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます
■本シリーズは大阪市交通局商品化許諾済のご協力のもとに撮影しております
■喚呼および走行音、車内音で一部差し替え等している場合がございます
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます
■運転室内のノイズ音、正面ガラスの写り込み、汚れ、すれ違い時の振動や反射等
による映像の映りこみ、水滴などがある場合がございますが、臨場感を損なわない
よう、そのままの状態で収録しております。ご了承いただけますよう、お願いいたします。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
京王電鉄の京王線と井の頭線の運転席展望を収めたDVD。京王線の新宿駅から京王八王子駅までの7000系の準特急と、井の頭線の吉祥寺駅から渋谷駅までの1000系の急行、渋谷駅から吉祥寺駅までの1000系の普通を収録。車両基地の風景も併せて収める。

内容(「Oricon」データベースより)
京王電鉄の鉄道路線である京王線、井の頭線の前面展望。京王線の新宿駅から京王八王子駅までの準特急、井の頭線の吉祥寺駅から渋谷駅までの急行、渋谷駅から吉祥寺駅までの普通を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

新浦安ヨーカドー閉店記録





またまた事後になってしまいましたが、すでに当ブログでも閉店対象店舗に決定したことを取り上げた浦安市明海の「イトーヨーカドー新浦安店」が、5月28日(日)の営業をもって閉店となりました。

2000年10月19日に開業して以来、およそ16年半に渡る営業が終了したことになります。

管理人は今回も最終営業日までに行くことができませんでした。

もっとも、今から10年ほど前にたったの1度だけしか行ったことのないヨーカドーなので、東習志野店ほど強い思い入れはありませんでしたが・・・

新浦安に行く機会は結構あったものの、駅から中途半端に離れているヨーカドーには足が向かず、訪れるのはいつも駅前にあるダイエー(現イオン)やMONAばかりでした。

ただ、2011年3月11日の東日本大震災により、建物自体に大きな被害はなかったながら、周辺の液状化による断水など被災した店舗として強く印象に残っているといったところでしょうか。

また、ヨーカドーにもかかわらずイオン系列のレストラン「グルメドール」が入っていた例は2013年2月17日で閉店となった茨城県の土浦店などがありますが、この新浦安店にもかつて入っており、その後閉店当日までは同じイオン系列の「四六時中」が営業されていたようで、その異色の組み合わせが貴重な店舗でもありました。

なお、総合スーパーとしては閉店となってしまいましたが、周辺住民からの強い要望により、閉店からちょうど1カ月後となる6月28日(水)に、1階部分が「食品館イトーヨーカドー新浦安店」としてオープンすることが決まったみたいです。

それは一定期間とのことでいつまで続くかわかりませんが、とりあえずは食品スーパーだけでも再開されることになってよかったことでしょう。



posted by SS at 23:50| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | SC閉店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする