当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2021年01月19日

ヨーカドー八千代店の件





昨年の11月頃より、当ブログの1日のアクセス数が連日通常の5倍以上に跳ね上がるようになりました。
それは昨年10月20日に更新した「イトーヨーカドー八千代店」の閉店について取り上げた記事によるものだろうとだいたいわかってはいたのですが、Yahooで「ヨーカドー八千代閉店」といったワードで検索するとトップに以下のような表示が出るため、なおのことアクセス数の増加に拍車をかけていたようです。
ss210119-01.jpg

しかしながら、その後1月13日(水)にヨーカドー八千代店より改装を行うとの公式発表がありました。(公式ブログ
改装するということは、閉店などあり得ないとみて間違いないでしょう。
当ブログの記事により大変お騒がせしましたが、八千代店が閉店になるわけではなく心から安心しました。

ただ、1月13日から26日(火)までの期間中、衣料品や住まいの品について改装売り尽くしセールが開催されていますが、売り尽くしということから察すると改装により1階食料品以外のヨーカドーの売場は規模が大幅に縮小されることになるかもしれません。
「フルルガーデン八千代」というショッピングモールの中にある店舗なので、フルル側のテナントとの調整が必要になるものの、ヨーカドー側の2・3階部分にも何かしらのテナントを入れる可能性が考えられます。
八千代市内初となる「八千代ロフト」の出店はあり得ないでしょうか。
あるいは同じ八千代市内の「イオンモール八千代緑が丘」にはすでにあるものの「無印良品」とか...
Mujiは船橋のヨーカドーが改装した際に入れたほか、つい最近になって東京墨田区の「イトーヨーカドー曳舟店」内へかなり大胆に大型店を出店させたりしているので、考えられなくはないでしょう。

一方、1月9日に情報掲示板へ新たにフルルガーデン八千代に関する投稿をいただき、それによれば地元ではいろんな噂が飛び交っている中で、その方が有力だと思われるのは次の3点だそうです。

・イトーヨーカ堂は1Fの食品が残り、2F・3Fの衣料品は取扱をやめる
・2F・3Fの空いたスペースへ隣接フルルガーデンにある大手テナントが移動
・フルルガーデンを取り壊してマンションが建つ??

フルルガーデンの中小テナントはすでに閉店セールが開始されてもいるそうですが、確かに「ダイソー」や「アイベル」「ニトリ」といった大型テナントをヨーカドーの2・3階へ移転させたうえで、そのダイソー等が入っていた南側の建物を取り壊してフルル自体の規模を縮小するというのは十分にあり得そうな気もします。
ヨーカドー側とフルル側の建物は完全に独立し、なおかつ結構離れてもいるので、片方のみを取り壊すのが容易という点でもその可能性が高そうに思え、もしその通りになった場合、建物撤去後の跡地は駅近と商業施設に隣接という立地を活かしたマンションになることでしょう。

まぁ今のところはまだ何もわからない段階ですが、縮小されるにしてもフルルガーデン全体が撤退となるよりはよかったと言えるのではないかと。
とにかく改装後のヨーカドー八千代店やフルルが今後どのようになるのか気になるところです。

📷ヨーカドー八千代店側(北側)


📷フルルガーデン専門店側(南側)
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | SC改装情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

BVE東武伊勢崎線直急K1【画像・映像・記事】


■本文(一部)


今回は東武スカイツリーラインの急行で押上から東武動物公園までの運転動画を公開することにしました。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

2代目セリカXX後ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:MARK43 1/43 トヨタ セリカ XX (A60) 2.8GT-リミテッド 1983 ファイタートーニング 完成品 PM43138T

■発売日:2021/01/31

■商品仕様
•1/43スケール
•塗装済み完成品
•素材:ポリウレタンレジン/ABS/金属
•パッケージサイズ:約W165×H68×D75(mm)
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

八千代緑が丘西にヤオコー





八千代市の八千代緑が丘といえば、東葉高速鉄道の駅前にある「イオンモール八千代緑が丘」を中心に、ヨークマート跡に出店した「オーケー八千代緑が丘店」、アピタ跡に出店し長らく営業されている「メガセンタートライアル八千代店」、そして高津団地方面には「ベルク八千代緑が丘店」などなどと、すでにスーパーが充実している感があります。
なので、今回取り上げた「ヤオコー八千代緑が丘店」が出店することを知った際は、またか!と思ったものですが・・・

その場所については今回は地図で検索しても問題なさそうな住所、すなわち「千葉県八千代市緑が丘西4-2-8ほか」とされています。
実際にその住所をグーグルマップのストリートビューで見てみると、最新のものでまだ2019年4月の画像しかありませんが、その時点でもうすでに廃業している感じの、かなり昔から存在するのは間違いない農家のような建物が出てきました。



実際に現地へ行って確かめたわけではないのでよくわからないものの、これらの建物等を撤去のうえ、ヤオコーの建設工事が進められているのかもしれません。
オープン時期は2021年4月とされ、店舗面積は約2033u、駐車場台数は84台、駐輪場台数は70台とのことです。

駅を背にしてトライアルよりも奥へかなり離れた場所で、しかもこの周辺では今後住宅等がもっと増えていくことが予想されるので、食品スーパーのひとつや二つぐらいはあってもいいところでしょう。



なお、このあたりは新たな道路が開通のうえ次々と宅地開発されたりして、ずいぶん様変わりしたものだと驚かされますが、このヤオコー建設地とされている区画の脇を通っている道路は昔からある県道57号千葉鎌ヶ谷松戸線となります。
以下のカーブを覚えている方も多いのではないでしょうか。



管理人もかつてはよく通ったので懐かしい限りですが、同じように最近この周辺へあまり訪れていない人にとって、ヤオコー建設地はこのカーブがあった場所だといったほうがわかりやすいかもしれません。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | SC開店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

エンタメブログ更新情報

>


★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

仙八出演生徒:三田寛子【画像・SV画像・記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

総天然色の列車たち2 BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■よみがえる総天然色の列車たち第2章 ブルーレイ版 Vol.2 私鉄篇 【Blu-ray Disc】

■発売予定日:2021/02/21

■商品の説明

内容紹介
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫氏が昭和30年代~50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ。
2010年から2015年にかけて全22巻が発売されたDVD作品が、ブルーレイ版(全3巻)となって再登場します。
VOL.2は「私鉄篇」。DVD版の「3 西日本私鉄篇〈前編〉「4 西日本私鉄篇〈後編〉」「5 関東私鉄篇」「6 名鉄篇」「10 ローカル私鉄・東日本篇」
「11 ローカル私鉄・中日本篇」「12 ローカル私鉄・西日本篇」の7本をノーカットで収録。
総収録時間564分の大作となってよみがえります。

■ナレーター 羽川英樹
■制作・発売 株式会社動輪堂
■制作協力・販売 ビコム株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫の秘蔵カラーフィルムをまとめた「よみがえる総天然色の列車たち」シリーズ第2章のBD化第2巻。『~西日本私鉄篇<前編>』『~関東私鉄篇』『~名鉄篇』『~ローカル私鉄・東日本篇』ほか、全7作品をノーカットで収録。

内容(「Oricon」データベースより)
鉄道8ミリ界の巨星・奥井宗夫が昭和30年代~50年代に撮影したカラーフィルムによって、日本の鉄道風景が鮮やかによみがえるシリーズ。2010年から2015年にかけて全22巻が発売されたDVD作品が、ブルーレイ版(全3巻)となって再登場。VOL.2は「私鉄篇」。DVD版の7本をノーカットで収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

2020年末の紅白について





昨年の大晦日に放送された「第71回NHK紅白歌合戦」を最初から終わりまで見ました。
今回はコロナの感染が拡大を続ける中で無観客という特別な紅白になったわけですが、休止とすることなく、しかも一部を除き生放送でよく開催できたものだと思います。
きっと関係者の苦労も相当なものだったことでしょう。
個人的に無観客ということにはとくに違和感等なく、従来の紅白とあまり変わりないという印象でした。
また、感染拡大によるステイホームの影響もあってか後半の視聴率が2年ぶりに40%を超え、無駄な演出を省いたことや、紅組二階堂ふみさんの的確な司会進行などにより、一般の評価も例年より高いように感じられます。

管理人も前回2019年の紅白よりかはよかったという印象ですが、疑問に感じざるを得ない面もいくつかありました。
まず紅組トップバッターのFoorinですが、ヒットしたのは2019年のはずなのに今回もまた出てきて、しかも同じパプリカを歌うとは・・・
NHKの2020応援ソングということもあったようですが、個人的に楽曲面などで何がいいのかよくわからないものを2年連続で視聴することになるとは思いませんでした。
また、似たり寄ったりの坂道グループを3組も出場させる意味があったのかと思えてなりません。
強いて言えば乃木坂46が歌った「Route 246」という楽曲が小室哲哉氏の作曲によるもので、いかにも小室サウンドといった感じのとても耳慣れた曲調で悪くはありませんでしたが、まるで乃木坂46がTRFあたりの曲を歌っているというような印象を受けたことも確かです。
さらにもっとひどかったのがジャニーズで、紅白出場の当日をもって活動を休止した嵐が出場するのは頷けるものの、それ以外はこちらもまた似たり寄ったりという感じで、とにかく出場組の多さには呆れ果ててしまいました。
そのうえ坂道グループにしてもジャニーズにしても、ほとんど口パクだったという話もあったり・・・
まぁ今回に限ったことではなく、しかもグループほど口パクの確率が高くなるような気もするところですが、個人的には歌合戦みたいな番組で口パクなのはとんでもないという印象で、下手でも歌詞を間違えてもいいので生歌でいってほしいと思えてなりません。

あと全般的には感動させられる楽曲といえばYMOを彷彿とさせられるPerfumeや、また2019年までの感想と同じく演歌も含めた昔の曲しかなかったということになります。
2020年に大ヒットしたとされる香水という作品も、個人的にはこの紅白で初めて耳にしたのですが、楽曲的にはとくにどうということはなく、あくまでも歌詞で聴かせるような曲だと感じました。
普段昭和時代を中心とした昔の音楽しか聴いていない管理人としては、それ以外にも実は紅白で初めて耳にする曲というのがとても多いのですが、やはり残念ながら心に残るような作品はなかったというのが正直なところです。

ただし今回の場合はそれだけでは終わりません。
後半の紅組におけるYOASOBIや東京事変あたりの楽曲には、感動こそ覚えなかったものの、ちょっとした衝撃を受けました。
それは旋律やリズムが非常に複雑だと感じたからです。
とくに東京事変の「うるうるうるう」はジャズ風のアレンジにかなり難解な旋律を組み合わせたもので、気でも狂ったのではないかというような楽曲でした。
これほどの音楽を創作したり演奏したり歌ったりできるというのはかなり高度なことだと思えるだけに、その点には心から感心させられます。
それに、大昔から数えきれないほど多くの音楽が世の中に出回っており、音階の組み合わせが限界に達していそうな状況にある中、YOASOBIや東京事変のような曲であれば過去のどの作品にも似ることはまずないといえるでしょう。

淋しいことではありますが、もはや管理人が聴いて感動させられるような曲調の音楽の時代ではないということを痛感させられた次第です。
それぞれの時代によって流行りの曲調が変化するというのも当然なので、それはそれで仕方のないことでもあるでしょう。
また、そもそも管理人が感動する曲調というのは、あくまでも個人的な感じ方であって、皆が皆同じ曲で感動するとは限らないわけですが・・・
とはいえ最近は昔のようにヒット曲がなかなか出てこなくなっていたり、昭和歌謡を好んで聴く若者が増えているという話もあることを考えると、管理人と同じ考えの人が相当数いそうな気もするところです。
今の複雑で難解すぎるポップスというのは、おいそれと口ずさんだりすぐに覚えたりできず、誰もがカラオケで気軽に歌うというわけにもいかないでしょう。
その一方で旋律もリズムも歌詞もシンプルで覚えやすい曲が多かった昭和歌謡であれば、心がすんなりと受け入れて親しみも持てるというものだと思います。
広く一般受けしやすい昭和歌謡に対し、複雑すぎることで一部にしか支持されない、もっといえばアーティスト側の自己満足でしかないのが現在の音楽だと思えてなりません。
とにかく今回の紅白により今の時代に昭和の頃のような曲調の音楽を望むのは難しいことをよく理解したわけですが、最近のポップスにどうしても馴染むことができない管理人のような人は、引き続き昔の感動できる音楽を繰り返し聴き続けていくしかないでしょう。

最後に、2020年は昭和時代を中心に多くの名曲を残した作曲家の方々が3名も亡くなられた年でもありました。
6月11日に服部克久さん、10月7日に筒美京平さん、そして年末の12月20日に中村泰士さんとなりますが、いずれも管理人を感動させてくれる音楽を作った方々ばかりなので、非常に残念かつ淋しい気持ちで一杯です。
紅白では郷ひろみさんによって筒美さんのメドレーが歌われましたが、年末に亡くなられた中村さんは難しかったかもしれないながら、服部さんも含めてもっと大きく取り上げて欲しかったと思えてなりません。
また、その3人の方々が旅立たれた年の紅白で昭和歌謡とは大きくかけ離れてしまった現在の音楽を耳にしたことで、作曲家の世代交代といったものも強く感じさせられた次第です。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

京成成田空港線アク特H1【画像・映像・記事】


■本文(一部)


今回は京成成田空港線「成田スカイアクセス」のアクセス特急の運転動画を公開することにしました。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

2021年を迎えて





2021年がスタートしました。

喪中のため新年のご挨拶は控えさせていただきますが、本年も当雑記ブログはもとより、鉄道、自動車、エンタメ各ブログともどもよろしくお願いいたします。

posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

となりのシムラ DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

23%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:となりのシムラ [DVD]

■取り扱い開始日 :2021/01/22

■商品の説明

内容紹介
どこにでもいそうな普通のおじさんが巻き起こす、笑いとユーモア、ペーソスに溢れた上質な大人のコメディ。
志村けんがNHKとタッグを組んだ異色のコント番組を初DVD化。

約半世紀に渡り、テレビのど真ん中で笑いを追及して来たコメディアン・志村けん。
その新境地を切り開いたのが自身初のNHKでの冠コント番組となった『となりのシムラ』です。
お馴染みの派手なメイクや過激な演出を一切封じ、素顔そのままの志村けんが“どこにでもいそうな普通のおじさん"を演じます。
家庭や職場などの人間関係をコミカルに描き、思わずクスクスと笑ってしまうような傑作シチュエーションコントの数々。
実力派俳優たちによる豪華な競演など見どころも満載です。
2014年12月~2016年12月NHKで放送(全6回)

★日本の喜劇王、お茶の間に愛された志村けんさんが、徹底的に作り込んだコントを披露。個性豊かな多数のゲスト出演者との絶妙なやりとりは必見。

★素顔そのままの志村けんさんが、どこにでもいそうな普通のおじさんを演じる。どれも傑作のシチュエーションコント。

★演出には、「サラリーマンNEO」や朝ドラ「あまちゃん」「エール」を手掛けた吉田照幸。

★特典映像には、志村けんさんのインタビュー番組ほか、未放送コントを収録!

【脚本】内村宏幸、平松政俊、藤原ちぼり、たかはC、徳野有美、福田雄一、志村康徳
【演出】吉田照幸
【プロデューサー】中山英臣、井澤秀治
【制作統括】 水高満 下田大樹 田熊邦光 西村崇

【出演】志村けん
1:片平なぎさ、田辺誠一、吉田羊、波瑠、高橋由美子、原田泰造(ネプチューン)、野間口徹、小泉麻耶
2:西田敏行、伊藤蘭、ピエール瀧、菊地凛子、松岡茉優、山本美月、マキタスポーツ
3:石野真子、高嶋政伸、井川遥、高橋一生、野間口徹、笛木優子、中村ゆり、山本美月、菊池亜希子、村岡希美、八十田勇一、宇野祥平、松本岳、中上サツキ、須田瑛斗
4:麻生祐未、貫地谷しほり、菊地凛子、木南晴夏、染谷将太、高橋一生、中村蒼、野間口徹、やべきょうすけ、吉田羊
5:阿部サダヲ、吉岡里帆、佐藤仁美、高木ブー、床嶋佳子、伊藤沙莉、副島淳、八木亜希子、岸本加世子、深水元基、高山侑子、志保
6:原日出子、小林聡美、野間口徹、富田靖子、長谷川京子、波瑠、浜野謙太、萩原聖人、浅利陽介、八十田勇一、中上サツキ、山下リオ、川栄李奈、近野成美、東加奈子、山田キヌヲ、入来茉里

【収録内容】
DISC1:1~3収録
DISC2:4~6収録

【特典映像】
・志村けんインタビュー(「スタジオパークからこんにちは」より)
・未公開コント(「明日は、人間ドック」)

【封入特典】
特製ブックレット12P

1:2014年12月16日 2:2015年8月17日 3:2015年12月25日 4:2016年3月26日 5:2016年9月22日 6:2016年12月26日 NHK総合テレビで放送

バラエティ/セル/本編263分+特典35分/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/片面二層/カラー/2枚組/ブックレット付

発行・販売元:NHKエンタープライズ c2021 NHK

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
日本の喜劇王・志村けんが「どこにでもいそうな普通のおじさん」を演じた異色のコント番組。派手なメイクや過激な演出を一切封じた志村けんが、ゲストと共に家庭や職場などの人間関係をコミカルに描いたシチュエーションコントを披露。全6回を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
“どこにでもいそうな普通のおじさん”が巻き起こす、笑いとユーモア、ペーソスに溢れた上質な大人のコメディ。志村けんがNHKとタッグを組んだ異色のコント番組を初DVD化。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする