当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2020年01月28日

習志野市内の消滅建築物





まず2012年9月をもって閉鎖された習志野市役所の旧本庁舎について、閉鎖後もしばらく放置されたままでしたが、昨年より右手に見える別館部分も含めて道路沿いに鉄板を立てられ一切の立ち入りができなくなり、解体作業に向けた準備が進められています。
正方形に近いビルの上に箱が乗っているような面白い形状をした旧本庁舎も、現在はまだなんとか望むことができますが、近いうちに解体のため覆われて姿を消すことになるでしょう。
1964年(昭和39年)2月10日に完成した建物であることを考えると7階建てと当時にしては高層で、しかもエレベーター付とかなり進んだビルだったに違いありません。
個人的には長年に渡り見続けてきただけに習志野市役所といえばいまだに旧本庁舎のイメージが強いままなのですが、いよいよ見れなくなるときが近づいてきてしまいました。


その習志野市役所のすぐ近くにあるのが習志野第一病院ですが、昨年にずいぶん大きくて立派な病棟が完成したものです。
それにより昔から受付や待合室などとして使われていた部分が取り壊されてしまいました。

管理人としてはあまり印象のよくない病院でありながら、まだ三橋病院という名称だったころから診察等でこの受付や待合室があった建物にはよく入った記憶があるので、少し淋しい気もしたり・・・
先の習志野市役所の旧本庁舎とともに、ここへきて長年の光景が一気に失われてしまったという思いで一杯です。

あともうひとつ、京成大久保駅前にある習志野市民会館、および大久保公民館の建物も解体作業のためすでに覆われてしまい見ることができなくなってしまいました。
こちらは1966年(昭和41年)に完成したとされ、その当時の著名な建築家がデザインしたのではないかと思えるほどかなり奇抜で独特な形状をした建物なだけに残念な思いがしますが、築年数による老朽化や大地震が発生した際に倒壊が懸念されるような造りのようにも感じられるので、仕方ないでしょう。

なお、この建物を含む中央公園を中心としたエリアは生涯学習複合施設「プラッツ習志野」として整備が行われています。
詳しくは以下の習志野市公式ページをご覧ください。(習志野市公式>プラッツ習志野
posted by SS at 00:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 千葉関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

京成車両ほか内装比較【記事】


■本文(一部)


昨年の10月26日に営業運転を開始した京成3100形ですが、管理人は正直まだ一度しか乗車していません。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

230セドリック(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

18%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N205b ニッサン セドリック 2000GL 71年式 黒 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2020/06/30

■商品の説明
2020年は日産セドリックの誕生60周年と同時に、トミカの誕生50周年でもあります。その記念として、3代目230型セドリックの新仕様を展開。
1971年に登場した230型セドリックは、グロリアとはじめて兄弟車となった世代。オーソドックスかつクリーンなスタイリングが受け、ライバルを販売台数で破った記録的なヒット車となりました。
トミカでは33番として1972年に発売、トミカの歴史上でも希少なモデルとして知られています。その初期型セドリックを、今回TLV-NEOで製品化。
初期型セドリックの展開にあたり、年式に合わせたフロントグリルとリアガーニッシュを新規製作。
今回はバンパー類やホイールもメッキ部品とし、高級車らしい雰囲気を演出します。
トミカの歴史とセドリックの歴史、それぞれの重みを伝えてくれる一台、ぜひコレクションしてください。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

100円ショップ情報





まずJR京葉線の海浜幕張駅南口にある「プレナ幕張」ですが、2019年1月20日(日)に2階にあった100円ショップの「シルクプレナ幕張店」、さらに同年11月4日(月)には同じく2階にあった書籍の「くまざわ書店プレナ幕張店」が相次いで閉店となり、個人的にはすっかりつまらない商業施設になってしまったとしか思えません。
ただ本年1月24日(金)に100円ショップの「セリアプレナ幕張店」がオープンすることになりました。(セリア公式店舗情報


おそらくくまざわ書店跡のスペースではないかと思われます。
しかし海浜幕張駅周辺のセリアといえば「イオン幕張店」の1階から2階へ移転のうえ2019年11月13日(水)にリニューアルオープンした「セリアイオン幕張店」がすでに営業されており、また管理人としては以前から述べているようにセリアがもっとも使い物にならない100円ショップなだけに、シルクのまま、あるいは変わったとしても「キャンドゥ」のほうがよかったですが・・・
なお、千葉県内におけるセリアの新規オープンは今のところこのプレナ幕張店以外には告知されていないので、一時期に比べれば出店ペースが落ち着いたといえるでしょう。

次に、東葉高速鉄道八千代中央駅前で営業されている「マルエツ八千代中央駅前店」と同じ建物内で営業されている「カメラのキタムラ八千代中央店」が1月12日(日)をもって閉店になった模様ですが、そこへ100円ショップの「キャンドゥ」が出店することがわかりました。
現時点はまだ正確なオープン日は不明なものの、求人情報では2月下旬とされています。
八千代市内のキャンドゥといえば八千代台店と勝田台店の京成沿線2店舗しかありませんでしたが、今回はじめて東葉高速鉄道沿線への出店で、しかも駅のすぐ近くなので便利になることでしょう。



一方、千葉市若葉区の「ラパーク千城台」内で営業されていた「ダイソーラパーク千城台店」が1月13日(月・祝)をもって閉店になったとのことです。
個人的に「長崎屋」が撤退して以降このラパーク千城台にはすっかり行かなくなりましたが、千城台周辺ではこの閉店になったダイソーを除くとほかに100円ショップがなく、もっとも近いところで都賀まで行かなければならないと思うので、不便になったのではないでしょうか。
ラパーク内になるべく早くほかの100円ショップを望みたいところで、となるとまたセリアになる可能性が高そうに思えますが、それでも管理人を除く一般には広く歓迎されることと思います。

posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | SC内テナント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

エンタメブログ更新情報

>


★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

昨年末の紅白について【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

Memories of 185系(後)DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

10%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:Memories of 185系 後編 高崎車両センターの列車たち [DVD]

■発売予定日:2020/02/21

内容紹介
主にJR東日本エリアの特急や通勤ライナーに活躍した185系。
国鉄時代にデビューし活躍を続けてきましたが、最後の定期運用となっていた特急「踊り子」や「湘南ライナー」などでの置き換えが2020年春から始まります。
本作では、すでに運用が終了した高崎線・東北本線・信越本線などでの活躍した高崎車両センター所属車の姿を紹介します。
特急「あかぎ」のほか、特急「草津」「草津白根」「水上」や信越本線の普通列車等を紹介します。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
国鉄時代にデビューし、主にJR東日本エリアの特急や通勤ライナーとして活躍してきた185系の映像集後編。数あるアーカイブ映像の中から、既に運用が終了した高崎線、東北本線、信越本線などで活躍した高崎車両センター所属の車両を紹介する。

内容(「Oricon」データベースより)
撮り集めたアーカイブ映像から、田町車両センターと高崎車両センターそれぞれの配置車両に分けて2作品に編集。<後編>として、すでに運用が終了した高崎線・東北本線・信越本線などでの活躍した高崎車両センター所属車の姿を紹介。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 🌁| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

ドン・キホーテ八千代店





今回は八千代市大和田新田の国道296号線沿いにある「ドン・キホーテ八千代店」の閉店についてとなります。
結構以前から閉店になるとの情報を見かけていたのですが、1月26日(日)24時をもって完全閉店と公式サイトでも発表されたので間違いありません。(公式店舗情報>八千代店

個人的には数年前に1度行ったきりなので最近の状況はよくわからないものの、おそらく店じまいしなければならないほど利用客が減っていたということはなさそうな気がします。
ただ考えられる理由としては、この八千代店のオープン以降に比較的近いところへ規模の大きい「MEGAドン・キホーテ八千代16号バイパス店」や「MEGAドン・キホーテ船橋習志野店」が相次いでオープンしたことで、同じエリアに店舗が少々集中しすぎたという内部事情によるものなのかもしれません。

この八千代店が「インテリアCASA」という家具店跡に開業したのが2015年12月3日のことだったので、4年ちょっとと短命で営業を終了することになりますが、果たして次は何が入るのでしょうか。



posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | SC閉店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

新京成80000形初乗車!【画像・記事】


■本文(一部)


大変遅くなりましたが、昨年の12月27日に営業運転を開始した新京成の新車80000形に昨年中、京成津田沼から松戸までフル乗車しました。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

麻丘めぐみ BEST CD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:麻丘めぐみ Premium BEST【通常盤】(2CD)

■発売日:2020/01/29

■商品の説明
■1972年「芽ばえ」でレコード・デビュー。翌73年に「わたしの彼は左きき」が大ヒット!アイドル・ポップスの
一時代を築いた麻丘めぐみ。芸能活動60周年記念企画となる、初のセルフセレクション・ベストアルバム!

■これまで発表してきたシングルやアルバムから、本人がセレクトした39曲を2枚のCDにコンパイル。
さらにボーナス・トラックとして、1991年の「やさしくしないで」以来、29年ぶりとなる新曲
「フォーエバー・スマイル」(作詞:松井五郎、作曲:都志見隆、編曲:上杉洋史)を収録!

<CD収録曲>
■Disc 1:シングル・ヒッツ・コレクション
01. わたしの彼は左きき
02. 芽ばえ
03. 悲しみよこんにちは
04. アルプスの少女
05. 森を駈ける恋人たち
06. ときめき
07. 悲しみのシーズン
08. 女の子なんだもん
09. 白い部屋
10. 雪の中の二人
11. 水色のページ
12. 恋のあやとり
13. 美しく燃えながら
14. 白い微笑
15. 卒業
16. 夏八景
17. 夜霧の出来事
18. 銀世界
19. ねえ
20. フォーエバー・スマイル ※ボーナストラック(新曲)

■Disc 2:フェイバリット・コレクション
01. 素晴らしき16才
02. 大人になる日
03. 初めての恋
04. いつも一緒に
05. 星のセレナーデ
06. 真珠の涙
07. 海を見ていたら
08. 街角
09. さよならありがとう
10. はじらい
11. 恋はボサノバ
12. アイドルを探せ
13. 夢みるシャンソン人形
14. 砂に消えた涙
15. シェルブールの雨傘
16. 逃避行
17. 心もよう
18. グッドバイ・マイ・ラブ
19. 人形の家
20. 今はもうだれも
posted by SS at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

千葉駅東口にビックカメラ





当ブログ2012年6月4日に更新した記事で、JR千葉駅東口再開発について取り上げました。
当ブログ過去記事
その千葉駅東口で目に入る「ニュー千葉ビル1号館・2号館」や「三井杉田ビルディング」といったビル群といえば、長年に渡りお馴染みの光景ではなかったかと思いますが、今ではすっかり取り壊されて殺風景な印象となっています。

📷2016年10月


📷2019年3月


そこへ新たに建設されるビル内に、大手家電量販店の「ビックカメラ千葉店(仮称)」が進出することがわかりました。(ビックカメラ公式店舗一覧>千葉店

ss200107-01.jpg

開業時期は2022年11月の予定で、出店するのはビル内の1階〜9階とされていることから、ほとんどのフロアがビックカメラになりそうで、池袋本店を上回る規模になるとの話もあります。
おそらくワンフロアの面積がそれほど広くないビルのため、階数で補うしかないのでしょう。
なお、千葉市内初のビックカメラと記されている新聞記事がありますが、当ブログでもすでにお伝えしたように稲毛区の「ワンズモール」内に「コジマ×ビックカメラ」が昨年オープンしているので、ビックカメラ単独の店舗としては初ということではないかと思われます。

それにしても、このビックカメラの進出はすぐ裏手にある「ヨドバシカメラ千葉店」にとって強力なライバルの出現になることは間違いありません。
まるでヨドバシへの動線を遮るかのように、駅からより近いところへ真新しいビル内に大規模なビックカメラがオープンするとあっては、かなり老朽化したビル内にあるヨドバシはたまったものではないでしょう。
まぁ消費者にとってはライバル店同士が競り合うことで商品がより安く買えるようになるメリットがあるとは思えますが・・・
また、管理人はポイントをためていることもあるためヨドバシ派で、そういうお客も結構いると思うので、ビックカメラのオープン直後を除けばさすがに閑古鳥が鳴くというほどまでにはならないと予想されますが、そんな管理人もここ数年は「ヨドバシ.com」での買い物ばかりで、店舗にはすっかり行かなくなりました。
今はもう何もかもネットショッピングの時代だと思うのですが、にもかかわらずまだなおそれほど大きな店舗をオープンさせることに驚かされます。
また、千葉のヨドバシについてはあの老朽化したビルでいつまで営業を続けるのかわかりませんが、もし今後建て替えにより休業するのであれば、その期間はビックカメラのみとなる期間がしばらく続くことでしょう。
当ブログで以前述べたように、建て替え中にヨドバシが三越跡のほうへ一時移転して営業を継続するのであれば話は別ですが・・・

posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | SC以外のお店関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする