当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2020年04月04日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

BVE東武東上線急行1A【映像・記事】


■本文(一部)


今回は前回公開した東武東上線の寄居から小川町までの続きとなる、小川町から川越市までの運転動画を公開します。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

YMO TECHNODON CD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!!ただいま予約受付中!レコード盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:TECHNODON(Remastered 2020) 限定版

■発売日:2020/04/22

■曲目リスト

ディスク:1

1. BE A SUPERMAN

2. NANGA DEF?

3. FLOATING AWAY

4. DOLPHINICITY

5. HI-TECH HIPPIES

6. I TRE MERLI

7. NOSTALGIA

8. SILENCE OF TIME

9. WATERFORD

10. O.K.

11. CHANCE

12. POCKETFUL OF RAINBOWS (JAPANESE VERSION)

13. POCKETFUL OF RAINBOWS (ENGLISH VERSION)

■内容紹介
メディア掲載レビューほか
YMO結成40周年記念。アルファ期の諸作に続き東芝EMIからリリースされた最終スタジオ作を、オリジナル・アナログ・テープを基にした最新リマスタリングで初SACDハイブリッド化。1983年の“散開”から10年、“再生”したYMOが発表した唯一のオリジナル・アルバム。「ポケットが虹でいっぱい(Pocketful of Rainbows)」「BE A SUPERMAN」他、当時の最新テクノ・サウンドを大胆に取り入れた作品。 (C)RS
posted by SS at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

悲しい出来事が次々と…

管理人の母親が亡くなってからまもなく5年半になろうとしています。
何年が経過しようとも、母を失った辛く悲しい気持ちにまったく変わりはありません。
そればかりか、そんな悲しみにさらに輪をかけるような出来事が起きてしまったのです。

実は管理人の母は5人姉妹の三女でした。
その5人中、長女も2007年に他界したので、母が亡くなって以降は二女、四女、五女の3人になっていたというわけです。
そのうち80代になる二女の伯母が昨年の夏ぐらいに脳梗塞で倒れて入院したという話を聞き、すぐにでもお見舞いに行きたかったものの多忙だったことや、入院している病院が東京の杉並区内でちょっと遠いこともありなかなか行けずにいたのですが、11月になって中央線方面へ用事があったのでその際にようやく伺うことができました。
そのときは意識が思いのほかしっかりとしており、自分のこともすぐにわかってもらえて、安心したと同時にとても嬉しかったのはいうまでもありません。
伯母も心から喜んでくれたみたいで、別れ際には少し後ろ髪を引かれる思いがしたものです。
管理人自身の母親が入院していた頃、面会に行ったときの別れ際に毎回強いられた淋しい気持ちをつい思い出してしまったこともあったのでしょう。
姉妹だけにどことなく似ているとも感じされられたり・・・
ちなみに伯母と会ったのは、管理人の母の法事のとき以来だと思うので、5年ぶりぐらいだったでしょうか。

そのお見舞いに行った際、伯母以外の家族とは残念ながら誰とも会えなかったのですが、年を越してすぐに伯母の娘さん、すなわち管理人のいとこから別に何もしたわけでもないのにいきなりLINEが届き、管理人へのお見舞いのお礼を発端としてやりとりするようになったことで、伯母の様子もよくわかるようになりました。
そしてまた近いうちにお見舞いに行きたいと考えていたところ、新型コロナの感染拡大です。
この時期、都内に入るのは極力避けたいので、あきらめざるを得ませんでした。

そうこうしているうちに、つい先日亡くなったという連絡が入りました。
いとこの話によれば、亡くなるつい2時間前まで面会に行っており、とくに危篤というわけでもなくはっきりとしていたので、まさかその後すぐにとは思いもしなかったそうです。
その知らせを聞いた管理人は、心から悲しい気持ちになりました。
管理人の母親にきわめて近い実姉の他界は本当に残念でなりません。
ただ亡くなった後の今となっては、11月に会いに行っておいたことがせめてもの救いだったという気もしています。
お見舞いにまったく行かず、会うことのないまま亡くなっていたら、本当に後悔したことでしょう。
なお、葬儀についてもやはりコロナの影響により家族のみですぐに執り行なったとのことです。

とても美人でモダンな感じの伯母でした。
昭和時代には南青山のマンションに住んでいたこともあって強く憧れたり・・・
5人姉妹の中でもっとも気が強く、ずけずけと物を言うタイプでもあったのでちょっと苦手だと感じた時期もあったものの、実家でもあった管理人宅へ来ると正月は必ずお年玉をくれたり、それ以外でも普段はとても口にすることがない高級で美味しいお菓子を持ってきてくださったりと、親切で心優しい伯母でもありました。
本当にいろいろな思い出が頭をよぎり、悲しみに暮れているところです。
また、これで5人姉妹中3人が他界してしまったことになり、どんどんいなくなってしまうことが淋しくてなりません。
四女も脳梗塞により療養中なので、元気で暮らしているのは五女の叔母のみとなってしまいました。

このように悲しみが深まっている中、今度は志村けんさんの訃報を聞き、強いショックでどうかなりそうです。
その件については後日あらためて記すことにしますが、管理人にとって志村さんをはじめとしたドリフターズのメンバーは、子供のころから楽しませてくれ、母親を亡くしたときには心の救いにもなってくれた、いわば恩人のような存在だけに、本当に無念だとしかいいようがありません。
肉親や親族以外の死去でこんなに辛い思いを強いられるのはきわめてめずらしいことです。
母を失ってから5年半という時期に、まさかこれほどショッキングな出来事が立て続けに起こるとは思いませんでした。

最後になりましたが、伯母さん、そして志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 管理人の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

自動車ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ車(セダン)

http://sscar.seesaa.net/


■記事タイトル

現行モデルこそが失敗作【記事】


■本文(冒頭)


クラウンの歴代モデルのうち販売台数が低迷したのは4代目と9代目とされています。
それぞれ「死」と「苦」という漢字が当てられ縁起が悪いとされる数字のモデルがちょうど売れなかったというのは面白いことだと思いますが・・・


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

山手線E231系500代 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・メモリアル 山手線E231系500代 [DVD]

■発売予定日:2020/04/24

内容紹介
東京の大動脈である山手線に緑色のラインを帯びてE231系500代が登場したのは2002年。その後18年にわたり山手線を支え続け2020年1月、遂に山手線から引退となった。本作では前面展望を交えた内回り・外回りの走行、車両の内・外観もあますところなく紹介していく。さらに有終の美を飾る2020年1月に行われた「ありがとう」ヘッドマーク付の走行も収録!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1月に山手線から引退となったE231系500代のメモリアルDVD。東京の大動脈である山手線を18年間支えたE231系500代の前面展望を交えた内回り、外回り走行や車両の内外観を紹介。さらに有終の美を飾った「ありがとう」ヘッドマーク付き走行も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 | Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

あっぱれ!東武野田線急行





3月14日のダイヤ改正より運行を開始した東武野田線の全線に及ぶ急行列車ですが、先日船橋〜柏間で往復乗車してきました。
その感想を一言で述べるならば、とにかく速い!ということです。
それは速度的にも時間的にもいえることで、これまで船橋側から結構遠く感じられた柏が一気に近くなったような気がしました。
途中停車駅が新鎌ヶ谷と高柳の2駅のみで、以前よりも最大で11分もの短縮、標準所要時間が19分となれば、それも当然だといえるかもしれませんが、とにかく乗車しててそのあまりの速さに感動し鳥肌が立ちっぱなしなったぐらいで、ここ最近で鉄道に乗車してそれほど感動させられたことといえば、京成3100形に初乗車したときぐらいでしょうか。

まず往路の急行は野田線では最新鋭の60000系による大宮行でした。(柏駅にて撮影)
o200322-01.jpg
船橋発車時に休日の日中ということもあり空いているだろうと予想していたのですが、座席がほぼ埋まるぐらいの乗車率だったのは意外なことです。
ただ、それは管理人が乗ったのが新鎌ヶ谷でちょうど階段付近に位置する車両だったからで、新鎌ヶ谷で乗客が結構下りてからはところどころ座席に空きがある状態のまま柏に到着しました。
速度計を見ていたわけではないながら、運転最高速度である100qまで出すことはあまりなく、ダイヤにまだ余裕がありそうな感じですが、それでも以前の野田線のイメージからするとやはりスピードが速く、各停車駅到着毎に「もう新鎌ヶ谷?」「もう高柳??」「もう柏???」と驚かされた次第です。
この調子であれば途中各駅に停車する区間はあるものの、船橋から大宮までのフル乗車でもさほど苦痛にはならないことでしょう。
ただし柏における標準停車時間が6分というのはちょっと長すぎる印象で、スイッチバックなので1〜2分ほどの短い停車時間ではさすがに厳しいのはわかるものの、これがせめて半分の3分程度になればだいぶマシになり、さらなるスピードアップにもつながるかと思います。
あと余談ながらこの60000系で管理人が座った近くのドアの隙間が結構開いたまま走行していたのですが、大丈夫なのでしょうか・・・
o200322-02.jpg

復路の急行は夜間になり柏始発の最古参8000系でした。(船橋駅にて撮影)
o200322-03.jpg
最高速度はやはり90q程度だったと思われ、走行音が大きい分60000系よりもスピード感がありますが、個人的にこの爆音はイイ感じです。
柏発車時点で座席が7割ほど埋まっている印象で、その後の高柳や新鎌ヶ谷では降車客に比べ乗車客は少なく、全般的に比較的空いており快適でした。
今回の往復では対向列車などでこの8000系を見かける機会が多かっただけに、現時点ではまだ結構残っているのかもしれません。

なお、今改正で朝ラッシュ時を除く船橋側の普通の運転間隔は10分ヘッドに変わりなく、30分ヘッドの急行がそのまま増発という形になっています。
それにより普通しか停車しない駅の利便性はほぼ保たれているといえるでしょう。
また急行の増発で本数が増えたことによる分散効果で普通の混雑も緩和されたものと思われます。

とにかく単線区間ばかりだったり、18m吊り掛け車の3000系列が走っていたりという管理人のなかにいまだ残っている東武野田線のイメージからすると、信じられないぐらいの進化を遂げ、まったく別の路線になったとすら思えてなりません。
それこそ「東武アーバンパークライン」という愛称のほうが相応しい路線になったといえます。
全線急行運転開始で所要時間が大幅に短縮されたことにより、沿線価値もおのずと向上するというものでしょう。

18m中型車にもかかわらず6両編成に統一し旅客サービスが大きく低下した新京成とは大違いで、今回の野田線急行によりますますその差が開いたとしか思えません。
個人的に新京成は8両編成が消滅して以降乗車する機会が明らかに減りましたが、今後は極力野田線急行を利用することで新京成にはより乗らなくなることが考えられるところです。
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 千葉関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

BVE東武東上線寄居1【映像・記事】


■本文(一部)


今回より東武東上線の運転動画を3回に分けて公開します。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

130セドリック(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

29%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 LV-37b ニッサン セドリック パーソナルデラックスV 白/黒 70年式 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2020/05/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

かつて日産を代表する高級車であった、セドリック/ グロリア。2020年はセドリックが誕生60周年を迎えます。
今回は二代目130型の後期モデルを製品化。
1965年に登場した130型は欧州調ルックが特徴でしたが、1968年秋にボディをガラッと変更。アメリカ的な四角いスタイルに変わりました。
現役引退後の1970年代後半にはドラマ撮影用に次々と起用され、ブラウン管をにぎわせたことでもおなじみです。
パーソナルデラックスVは、この頃より増えてきた個人オーナーにアピールすべく、白いボディカラー、レザートップなどを盛り込んだ特別仕様車です。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

スマホ買い替えの話





今回もまた管理人が個人的に購入したものについての話題となってしまうのですが・・・
今から7年以上前となる2012年8月31日の当ブログの記事で、管理人がスマホデビューしたことについてお話しました。(当ブログ過去記事

その過去記事でも述べているように、その際に購入したスマホが「シャープAQUOS PHONE CL IS17SH」でした。
それ以来とくに壊れることもなく、他のスマホに買い替えるのも面倒なのでずっと使い続けてきたのですが、2年ぐらい前からネットにつながるのが遅くてイライラさせられたり、ようやくつながってもエラーになって見れなかったり、アプリの導入やバージョンアップができなくなるなど、いろいろと問題が生じるようになってきたのです。
スマホなどの携帯端末についてあまり詳しくない管理人がつい最近になって知ったところによれば、IS17SHというのはauで3G世代最終の機種だったらしく、それによりネットが重いということもあるのでしょう。
すでに大半のスマホが4Gになっていた時期に、あえて3Gのスマホを新品で5万円以上も出して購入していたとは、今さらながらつくづくバカらしいことだったとしか思えません。

ガラケーのときは4年毎ぐらいで買い替えていた管理人がIS17SHをこれほど長く使用してきたのは、やはり高価な買い物だったのでなるべく長く使おうという考えがあったからでしょう。
また最近の新品のスマホはさらに高価そうで、それほどの金をかけたくなかったこともあります。
中古ならばある程度は安く済みそうなものの、どのように手続きをしたらいいのかわからず、それに中古にしても結構な金がかかったり、面倒な手続きが必要なのではないかと勝手に思い込んでいました。
さらにこれは管理人にとって結構大きいことなのですが、IS17SHの4.2インチというコンパクトなサイズがお気に入りで、それ以上の大きさのスマホになるのがかなり嫌だったり・・・・

しかし先に述べた不具合が出てきたことにより仕事にも支障が生じるようになってきたため、いい加減買い替えを検討しなければならないときが来たというわけです。
まず当ブログで以前から述べているように管理人はApple嫌いなのでiPhoneは最初から買う気はなく、Android一択でした。
あと問題はサイズですが、今時4.2インチ程度のスマホにこだわっていたら、結局はまたIS17SHと同時期のかなり古いスマホになってしまいそれでは意味がないので、5インチ程度まではOKとすることに・・・
そしてそのIS17SHのときに新品のためもあって金をかけすぎて後悔したので、中古以外考えられませんでしたが、キャリアについてはauから変えるつもりはまったくなかったので、たとえ中古だとしてもauのスマホから選ぶことにしたのです。

以上のような条件で、まさにこの記事の上に貼ってあるバナーの「イオシス」で白ロムをいろいろと見てみたのですが、そこで自分にもっとも合ったスマホとして候補に上がったのが、もう4年近く前のモデルながら「ソニーXperia X Performance SOV33」でした。
それは何台か複数販売されており、その中から【SIMロック解除済】とされていて、箱やテレビアンテナケーブルといった付属品も付いているものを選択し先月購入したのですが、送料を含めても1万円以下と、今回はきわめて安い値段で済んだというわけです。
あとはその届いた白ロムを使えるようにするのにはどうすればいいのかが問題だったわけですが、キャリアを変えないのであれば基本的にSIMカードを入れ替えるだけで使えるということが事前にわかっていました。
ただし、IS17SHが標準SIMなのに対し、SOV33はそれより小さいnanoSIMなので、その点をクリアしなければなりません。
SIMカッターなるものも販売されているようですが、失敗すると怖いので管理人はたとえ有料でもauショップで変更してもらうことにしました。

実は管理人が使っているスマホはワケありで自身の名義ではないので、その名義人である家族に近くのauショップへ行ってもらったのですが、これまでたまっていたポイントを使うことで、まったく金がかからなかったそうです。
そればかりか、ここでまったく予想していなかった驚愕の展開に!!!!
その家族が持って帰ってきたauショップの手さげ袋に管理人が購入したSOV33が入っていたのはもちろんですが、なんとなんとそれとは別にかなり大きめの箱に入った真新しいスマホが入っているではありませんか!!
前後に保護シールが貼られているので間違いなく新品です。
最初はあまりの信じられなさに、こういう商品もあるということを伝えるためのモックアップか何かかと思ったのですが、電源が入ったので実機であることを理解しました。
その正体はといえば、同じソニーの「Xperia 1 SOV40」だったのです。
のちに家族にそれはどうしたのか聞いてみたところ、0円でくれたというのでビックリ仰天!!!!
いくら販売開始から結構時間が経ち、もうまもなく5G対応の「Xperia 1 II」の発売を控えているとはいえ、こんな現在でもauオンラインショップで9万円以上もする新品のハイスペック機を0円でくれるとはまったく驚きです!
MNPによりキャリア間の移動が容易になったり、格安スマホが台頭してきている中、やはり20年以上も同じキャリアのままでいてくれている顧客は貴重でなおかつ大切ということなのでしょうか。
とにかく信じられないことが起きたという思いで一杯です!

しかしそうなると中古で購入したSOV33はなんだったのかということになるでしょう。
まるで中古など買わずに最初からauショップに来てもらえればよかったと言わんばかりのようにも感じられたり・・・
新品だと高価すぎるのであえて中古にしたというのに、その後にまだかなり高価な新品がタダでもらえるとは皮肉だとしか思えません。
しかし今のところはSOV33をメインで使っており、SOV40は箱にしまったままです。
やはり普段持ち歩くのには6.5インチのSOV40はどうしても大きすぎ、それに神経質な管理人にとって新品というのはなにかと気を使うので性に合わず、ハイスペックすぎる点も自分にはもったいないように思えてなりません。
その点SOV33は中古なので気軽に使えて、サイズ的にもやはり普段持ちには5インチぐらいが限界だとつくづく感じます。
外観は背面側に若干の傷は見られるものの、肝心な液晶画面はまるで新品のようにキレイで、それにネットのつながりもIS17SHとは比較にならないぐらいサクサクと快適であり、当初6.0だったはずのAndroidもすでに8.0へバージョンアップされていることも確認しました。
あと中古でもっとも問題となるのはバッテリーの持ちかと思いますが、予想していたよりも結構持つといったように、トータルでなんの不満もなくすっかり気に入って使用しているところです。

とはいえせっかく思いもよらず手に入ったSOV40も永遠に箱にしまったままではもったいなく、液晶保護フィルムと手帳型ケースを購入しすでに装着したので、これから使用するつもりです。
現在SOV33とどのように使い分けるのか考え中で、かなり古いスマホ1台をいつまでも使っていた管理人が、いきなり2台のスマホを所有することになりちょっと困惑していると同時に、贅沢な悩みが増えたといえるかもしれません。
ちなみにどちらのスマホもau同士でしかもnanoSIMなので、入れ替えるだけでネットなど問題なくつながることは確認しました。

とにかく、いずれにしてもいくら管理人が物持ちのいい人だとはいえ、スマホをこれほど安く簡単に替えることができるのであれば、もっと早くすればよかったと後悔している次第です。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

エンタメブログ更新情報

>


★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

高校卒業後について3【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする