当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2016年12月30日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

ようやくホームドア設置へ【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

430セドリックセダン プラモ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

44%OFF!!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:青島文化教材社 1/24 ザ・モデルカー ニッサン 430 セドリックセダン200E GL '81 プラモデル

■発売日:2016/10/02

商品の説明
「ザ・モデルカーシリーズ」はサンバーのような軽トラックからR35GT-Rを始めとしたスーパースポーツまで、1/24スケールの人気カーモデルを網羅するアオシマの基本ラインです。

● 基本的にノーマルのカタログ仕様とレーシングカーをラインナップ。
● デカールが付属します。
● 窓枠マスキングシールが付属します。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルキットです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具等が必要です。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年の終わりに





本年も残すところあとわずかになりました。

今年は長年に渡り営業が続けられてきた大型店の閉店がとくに目立つ1年だったと思います。

上半期には閉店ではないものの、個人的に千葉県内のダイエー4店舗がイオンに転換されてしまったのがショッキングな出来事でした。

ただ、その後残るダイエー5店舗も年内中には次々とイオン化されてしまうのではないかと予想していたのですが、5店舗すべてがダイエーのまま年を越せるのは救いと言えるかもしれません。

そればかりか、イオンは「ダイエー」という屋号を消滅させるはずだったにもかかわらず、11月26日には「ダイエー市川大和田店」をオープンさせており、消滅させるものを新たに増やすというのはおかしな話であることを思うと、ダイエーの店舗を残す方向へと変更されたことが考えられ、ぜひそう願いたいものです。

6月に入ると「イオンタウンユーカリが丘」の開業に伴い、サティ時代から営業されてきた「イオンユーカリが丘店」が閉店となってしまったことがとても残念でした。

しかし、来春には山万直営のショッピングモールとして再生されるとのことで、それがどのような商業施設になるのか楽しみなところです。

下半期に入ると、9月末にJR常磐線柏駅東口の顔として長年に渡り営業されてきた「柏そごう」の閉店がありました。

現在では唯一の生き残りだった、そごう名物の回転展望レストランが同時になくなってしまったことも残念な限りです。

跡地については建物は解体せず、内装をリニューアルしたうえで新たな商業施設としての開業が検討されているようですが、具体的なことはまだ決まっていないとのことで、空洞化を避けるためにもなるべく早く決定したほうがいいでしょう。

また、大型店ではないながら習志野市の袖ヶ浦団地にあった「ピーコックストア袖ヶ浦店」もやはり9月末をもって閉店になってしまったことが個人的にはとてもショックでしたが、何も誘致されることなく放置状態がずっと続いてしまうのでしょうか。

近くにマルエツがあるのであまり問題ないとはいえ、アコレやBig-Aといったディスカウント系のスーパーができればそれなりに便利だと思いますが・・・

11月末には「千葉パルコ」の閉店がありましたが、これは当ブログでも何度か取り上げたことからもわかるように、管理人にとってはとくに衝撃の大きな出来事でした。

それはパルコ時代によく訪れた思い出があったこと、さらに記憶はかなり薄いながら、田畑百貨店時代からの長い歴史があったからです。

しかも一度大きな火災に遭った建物であることを考えると、内部のどこかには焼け焦げの跡といった火災の痕跡が残っているのではないかとか、唯一の犠牲者だった田畑社長の亡霊が今でもさまよい続けているのではないかといった、オカルト的な気分を味わえる場でもあっただけに、建物内に入れなくなってしまったのに加え、解体が決定されてしまったことはかなりショックでなりません。

なお、管理人は千葉パルコの外観を暗いときにしか撮影できませんでしたが、レッド ラインさんが11月10日の日中に撮影された外観とパルコバスの画像をお送りいただきましたので、以下に掲載します。

ss161226-01.jpg
ss161226-02.jpg

というわけで、2016年を簡単に振り返ってみましたが、今回が本年最後の記事となります。

この1年間も当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

来る2017年もまたよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

エンタメブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

もうひとりの推しメン【画像・記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

東急電鉄プロファイル BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら26%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:東急電鉄プロファイル~東京急行電鉄全線102.9Km~【Blu-ray Disc】

■発売日:2017/02/21

内容紹介
東急の魅力満載!!
2時間15分の圧倒的ボリュームと多角的アングルで迫る

東京・渋谷に主要ターミナルを置き、東京都南西部から神奈川県へ102.9kmの路線網を広げる東京急行電鉄。
その全8路線に横浜高速鉄道を加え、沿線各地での撮り下ろし走行映像を中心に空撮・駅撮も交えて、現役車両全形式、保存車両、駅、車両基地、廃線跡などをプロファイル。
歴史や沿線スポットとともに東急の魅力を浮かび上がらせる。
映像特典には「OB車両プロファイル」を収録。

※内容は2009年発売の【VB-6121】と同じです。

内容(「Oricon」データベースより)
東京・渋谷に主要ターミナルを置き、東京都南西部から神奈川県へ102.9kmの路線網を広げる東京急行電鉄。その全8路線に横浜高速鉄道を加え、沿線各地での撮り下ろし走行映像を中心に空撮・駅撮も交えて、現役車両全形式、保存車両、駅、車両基地、廃線跡などをプロファイル。歴史や沿線スポットとともに東急の魅力を浮かび上がらせる作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 21:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

(仮称)ピアシティ稲毛海岸SC





当ブログで本年6月27日に「美浜区真砂にカスミ」と題し、東京歯科大学千葉キャパスの隣接地に食品スーパーの「カスミ」を核とするSCの出店予定があることを取り上げました。

その時点では情報掲示板に投稿していただいた、てつさんによるお話のみで、ネットではまだなんの情報もなく、その後も半年近く何も出てこない状況が続いていましたが、ここへきてようやく「(仮称)ピアシティ稲毛海岸SC」として出店することが明らかになったので、やはりてつさんの情報は正しかったことになります。
当ブログ過去記事

核テナントは食品スーパーの「カスミ」となるほか、具体的な店舗はまだ不明ながら、それ以外にもいくつかのテナントが出店することが考えられます。

また、新設日は2017年6月26日、店舗面積は4,200uとされているほか、具体的な場所は6月27日の記事でも触れたように、千葉市消防局真砂出張所の跡地で、最近まで未舗装の駐車場となっていたところです。

なお、周辺には3店舗もの「ヤオコー」のほか、稲毛海岸駅や検見川浜駅の内外にも食品スーパーが多数営業されているだけに、カスミができるとますますスーパー激戦区になることは間違いありません。



posted by SS at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SC開店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

新京成電鉄45形【記事】


■本文(一部)


新京成旧型車両について前回取り上げたモハ39形に続き、1927年(昭和2年)8月に京成が千葉線のローカル用として新造したのが、雨宮製作所製のモハ45形45〜48号までの4両でした。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

岩崎宏美with国府弘子 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら26%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:岩崎宏美with国府弘子 Piano Songs Special [DVD]

■発売日:2017/01/18

Blu-ray Discはこちら!


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
歌手・岩崎宏美とジャズピアニスト・国府弘子が行った全国コンサートツアーより、東京スペシャル公演をDVD化。「万華鏡」「タッチ」ほか、スペシャルゲストとして登場した岩崎良美とのデュエット曲を含む全19曲を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
16年10月に東京国際フォーラムで行われた、岩崎宏美とジャズピアニスト国府弘子による全国コンサートツアー「Piano Songs」をDVD化。熟練された最高のパフォーマンスと、笑いあり、涙ありのトークで、その感動を余すことなく収めた映像作品。ゲストには岩崎良美が登場!
posted by SS at 23:50| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

一つのSCに100均が2店舗!





2017年に入って早々、「モリシア津田沼」2階西側に新設された出入口付近に100円ショップの「セリア」が出店することがわかりました。

このモリシアではすでに地下1階に「キャン・ドゥ」が営業されており、とくに近々撤退する気配も感じられないだけに、100円ショップが2店舗となりそうですが、同じ商業施設内に100均が複数存在するケースというのはきわめて異例のことで、しかもキャン・ドゥとセリアの共存となると全国的に見ても例がないかもしれません。

とにかく入ってくれるならばどんなショップでも構わないという考えが伺えるところです。

まぁ個人的には各100円ショップによって買いたいものがそれぞれ異なると同時に、セリアはこれまで身近なところになかったので歓迎すべきことですが・・・

これにより津田沼駅周辺では100均が全部で6店舗に達し、セリアはおそらく初出店になるものと思われますが、主要3社の100円ショップが出揃うことにもなります。

あとはシルクがどこかに出店すれば完璧でしょうw

posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SC内テナント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

自動車ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ車(セダン)

http://sscar.seesaa.net/


■記事タイトル

初代ソアラ(前)【画像・記事】


■本文(一部)


1981年(昭和56年)2月にトヨタが新たなジャンルのクルマとして世に送り出したのが、高級2ドアクーペの「初代ソアラ」でした。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 21:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

羽越本線前面展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら18%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]羽越本線 新潟→酒田 [DVD]

■発売日:2016/12/30

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
羽越本線の前面展望を収めたDVD。新潟駅を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上駅を過ぎ、名勝・笹川流れの海岸沿いを北上して終点・酒田駅を目指す。絶壁や奇岩など風光明媚な展望映像を楽しめる。

内容(「Oricon」データベースより)
羽越本線「新潟→酒田」までの前面展望映像を収録した作品。終点の酒田を目指して新潟を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上を過ぎると、名勝「笹川流れ」の海岸沿いを北上してゆく。絶壁や奇岩を横目に、日本海縦貫線の中でも最も風光明媚な展望映像が楽しめる。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

千葉パルコ跡について





当ブログ前回の記事で取り上げた「千葉パルコ」が11月30日をもってついに閉店となってしまいましたが、その跡地の活用計画がさっそく明らかになりました。

現行の建物を取り壊したうえで、新日本建設が中心となって地下1階、地上20階建ての複合ビルを建設する計画があるんだそうです。

その複合ビルは地下1階から地上2階までが商業施設、3階から20階までが分譲マンションになるとのことです。

商業施設部分には食品スーパーや若者向けのファッション店、カフェなどおよそ20店舗を誘致し、将来的には常設イベントホールを設置することも検討されていることがわかりました。

パルコの閉店により中心街のますますの空洞化が懸念されていただけに、早期に跡地活用が決まってよかったとは思いますが、個人的にはやはり田畑百貨店時代からの歴史ある建物が取り壊されてしまうのがちょっと残念なところです。

また、開業は2020年になるとのことで、4年近くも大型店不在の状態が続いてしまうことにも不安があります。

さらに前回の記事では商業施設として再生されるにしてもよほど人気があり集客力の高いテナントを誘致しないと厳しいと書きましたが、合計で3フロアというのはパルコに比べると大幅な規模縮小でしかなく、ただでさえ駅から離れていることが不利だというのに、その程度の規模の商業施設で、果たしてわざわざ足を運んでもらえるのかと疑問に思わざるを得ません。

商業施設のフロア数をもっと増やすべきでしょう。

なお、これまで運行されてきた無料のパルコバスは今年度いっぱい運行が継続されることが決まったようですが、来年度以降は中心街を巡る循環バスとして運行する計画があるんだそうで、これがもし有料になるのであれば、それらの不安はますます広がる一方です。

とにかく、開業を控えた千葉駅の駅ビルがかなり強力そうな感じがするだけに、再び中心街に人々の足を向かせるのは容易なことではないように思えてなりません。

また、パルコが閉店したことにより周囲の商店街はもちろん、昭和の時代には「ナンパ通り」と言われた千葉EXビルから中央公園の交差点にかけての一方通行の通り沿いにある店舗についても、人通りの激減による影響が心配されるところです。



そのほか、余談ではありますがAQUAMARINEさんより同じパルコ関連で、津田沼パルコの地下1階にある「西友津田沼パルコ店」が、2017年1月31日18:00をもって閉店になることをお知らせいただきました。

当ブログで以前、西友の千葉県内への進出が異常なほど凄まじかった件について取り上げたことがありますが、ここへきて千葉パルコ店とともに2店舗も減ってしまうことになります。

個人的には津田沼パルコ店はそれほど頻繁に利用してきたわけではないものの、やはり長らく営業されてきたスーパーが閉店になってしまうのは残念であると同時に、前回の記事の末尾でも書いた津田沼パルコ全体への不安が、より一層現実味を帯びてきたような気がしてなりません。

posted by SS at 21:00| 千葉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | SC閉店後の状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

【運転動画】総武快速線2【映像・記事】


■本文(一部)


今回はBVE5総武快速線の続きで、市川から千葉までの運転動画を公開します。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする