当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2017年09月29日

エンタメブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

高校時代の管理人2-2【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

ザ・ラストランEXT2 BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

23%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・ラストラン エクストラvol.2 [Blu-ray]

■発売日:2017/10/27

内容紹介
引退していった車両達を紹介し人気を博しているザ・ラストランエクストラのシリーズ第2弾。今作では東日本の私鉄・第三セクター15社20種(予定)を超える車両を紹介。車両によって最終日のイベントも収録。長い年月活躍してきた名車達の輝きをブルーレイで。(収録予定:由利高原鉄道・上田電鉄・ひたちなか海浜鉄道・西武鉄道・銚子電鉄・遠州鉄道・東急電鉄・京成電鉄・北総鉄道・わたらせ渓谷鐵道・富士急行・阿武隈急行・会津鉄道・湘南モノレール・鹿島臨海鉄道・福島交通ほか)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
引退した名列車のラストランを収めた「ザ・ラストラン」シリーズのエクストラ編第2巻。由利高原鉄道、上田電鉄、ひたちなか海浜鉄道、西武鉄道、銚子電鉄、遠州鉄道、東急電鉄、京成電鉄ほか東日本の私鉄、第3セクター15社の車両20種以上を紹介。

内容(「Oricon」データベースより)
引退していった車両達を紹介し人気を博しているザ・ラストランエクストラのシリーズ第2弾。東日本の私鉄・第三セクターの車両を紹介し、車両によって最終日のイベントも収録。長い年月活躍してきた名車達の輝きをブルーレイで。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

あの日から3年・・・

早いもので管理人の母親がいなくなってからまもなく3年となります。

3年が経過しようとしている今になっても、自分の母を思う気持ちになんら変わりはありません。

母のことがつねに頭の中にあるような状態であることも同じです。

そして毎年命日前後のこの時期を迎えると、2014年のことが思い出されて本当に嫌な気分になります。

やはり管理人がこの世で生き続ける限り、そういった思いに変化が生じることはなく、永遠に続いていくのでしょう。

ところで、母の生前、もし母に何かあったら自分はもの凄い悲しみに襲われ、朝から晩まで毎日のように泣き明かすのではないかと考えていました。

ところが、現実には葬儀中はもとより、ひとりでいるときさえも、ほとんど泣くことがなかったのです。

母の余命を知らされてから、管理人自身の身体に通常ではあり得ないさまざまな症状が現れただけに、きわめて強烈な精神的ショックを受けていたことは間違いありません。

それではどうして泣くことがなかったのでしょうか。

もともと管理人の中には絶対に人に泣き顔を見られたくないというかなり強い思いがあるので、葬儀中に泣かなかったのはまだわかるのですが、ひとりでいるときは感動的な音楽を聴いたり、ドラマのシーンを見たりしただけでも思わず涙腺が緩むことがあるにもかかわらずです。

それはおそらく「悲しすぎて泣けない」という状態に陥っていたからでしょう。

人というのは、本当に悲しい出来事が起こったときに、ショックが大きすぎて唖然とさせられたり、心に空虚感が生じて精神状態が停滞したりして、泣くという感情が起こらなくなることが往々にしてあるようです。

また、泣けば少しは気が楽になるとも言われますが、管理人の場合は泣くことによって悲しみが倍増し、生きていることが辛くなってしまうことに恐怖を感じていたほか、泣くというのは母の死をあっさりと認めてしまうことになりそうなので嫌という思いもありました。

管理人は今でも母の他界を完全には受け入れていません。

無理に受け入れる必要はないという思いもあります。

それは、自分自身の心の中ではまだ確実に生きていて、強く見守ってくれいることがひしひしと感じられるからです。

そういったことから、今でも母を思い出して泣くというようなことは、まったくといっていいほどありません。

さすがに辛くなるときはありますが、そうなった際には相変わらず母の生前の動画を見ることにしています。

というわけで、やはり老後も長生きしたいという気持ちにはとてもなれないものの、母が見守ってくれているという思いが、今現在の管理人にとってもっとも大きな心の支えとなり、ほんの少しではありながら淋しい気持ちが徐々に緩和されるようにはなってきています。
posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(2) | 管理人の近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

運転動画:都営浅草線O急1【映像・記事】


■本文(一部)


今回は当ブログの運転動画としては初の地下鉄路線となる、都営浅草線を公開します。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

オールスター80'sベスト CD


↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

10%OFF!!通常配送無料です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:オールスター80'sノンストップ・ベスト

■発売日:2017/08/02

内容紹介
「エイティーズ」というワードはファッションやカルチャーに関して語られる時によく耳にします。とりわけ音楽の世界においては頻繁に「エイティーズ」の波が押し寄せていて、もはやブームではなくジャンルとして定着していると言っても過言ではありません。それらのサウンドも改めて聴き直すと、現在のヒット曲にも影響を与えているような普遍的なポピュラリティーに満ちていて、色褪せない輝きを放ち続けていることに気付かされます。そして最近の歌番組で懐かしい映像と共に流されたり、CMソングとして使われたり、多くのアーティスト達にカバーされたりと、若い世代にまで継承されています。人気コンピレーション『オールスター』シリーズの第8弾である本作は、そんな80年代のJ-POPヒッツを全30曲オリジナル音源でノンストップDJミックス収録しています。このアルバムは当時カーステレオで流していた、自分で編集したカセットテープを聴いているような気分にしてくれることマチガイナシです!
歌詞付き

メディア掲載レビューほか
人気コンピレーション『オールスター』シリーズの第8弾である本作は、1980年代のJ-POPヒッツを全30曲オリジナル音源でノンストップDJミックス収録。このアルバムは当時カーステレオで流していた、自分で編集したカセットテープを聴いているような気分にしてくれることマチガイナシ!

<収録曲>

1.世界でいちばん熱い夏 (平成レコーディング)/プリンセス プリンセス

2.あゝ無情/アン・ルイス

3.フレンズ/レベッカ

4.Chance!/白井貴子

5.ヤングブラッズ/佐野元春

6.Get Wild/TM NETWORK

7.My Revolution/渡辺美里

8.City Hunter〜愛よ消えないで〜/小比類巻かほる

9.唇よ、熱く君を語れ/渡辺真知子

10.め組のひと/ラッツ & スター

11.すみれ September Love/一風堂

12.君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。/中原めいこ

13.淋しい熱帯魚/Wink

14.ペガサスの朝/五十嵐浩晃

15.初恋/村下孝蔵

16.約束/渡辺 徹

17.ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)/荻野目洋子

18.う、ふ、ふ、ふ、/EPO

19.MUGO・ん…色っぽい/工藤静香

20.悲しみよこんにちは/斉藤由貴

21.メモリーグラス/堀江 淳

22.君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-/YMO

23.Romanticが止まらない(Single Mix)/C-C-B

24.ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ

25.ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER/杉山清貴 & オメガトライブ

26.セクシー・ナイト/三原順子

27.タッチ/岩崎良美

28.キッスは目にして!/ザ・ヴィーナス

29.$百萬BABY/Johnny

30.Runner/爆風スランプ
posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

休業前の西友本八幡店





当ブログ6月12日の記事で取り上げたように、建て替え工事のため8月31日の営業をもって一時休業となった「西友本八幡店」ですが、8月下旬にその建物にお別れをしてきました。(当ブログ過去記事

その少し前の8月中旬に行ったときは1〜3階が営業されていましたが、下旬には1階と2階のみに縮小されとても寂しい印象でした。

以前4階にあった「ダイソー」はよく利用したものですが、なんでも2008年10月13日限りで閉店になってしまったんだそうで、そんなことも知らずに9年近くの年月が流れたとは不覚の至りです。

従ってもうかれこれ10年以上この西友を訪れていなかったのは間違いなく、確かに近年ではすぐ近くにある「ドン・キホーテ」にばかり足が向いている感じでした。

そのドンキの上にも結構大きなダイソーがあるので、西友のほうはなくなってもさほど問題なかったと思いますが、「つだぬマルシェ」の記事で触れたように、西友は直営の売場を充実されるため全国のほとんどの店舗から100円ショップを排除した時期があり、おそらくこの本八幡店からダイソーをなくしたのもその方針に基づいたものだったのでしょう。

というわけで、昭和時代に建設された西友らしいたたずまいの建物がなくなってしまうのは残念な反面、今から3年後の2020年とされているリニューアルオープン時にどのような姿で戻ってくるのか楽しみでもあります。

電線がかなり多いところなのであまりいいアングルだとはいえず、また今回も夜になってしまいましたが、以下その際に撮影した画像をご覧下さい。

ss160918-01.jpg

ss160918-02.jpg

ss160918-03.jpg

ss160918-04.jpg

ss160918-05.jpg
posted by SS at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | SC画像追加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

自動車ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ車(セダン)

http://sscar.seesaa.net/


■記事タイトル

フロントガラスの違い【記事】





>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

ザ・ラストランEXT2 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・ラストラン エクストラvol.2 [DVD]

■発売日:2017/10/27

商品の説明
引退していった車両達を紹介し人気を博しているザ・ラストランエクストラのシリーズ第2弾。今作では東日本の私鉄・第三セクター15社20種(予定)を超える車両を紹介。車両によって最終日のイベントも収録。長い年月活躍してきた名車達の輝きをとらえた決定版。(収録予定:由利高原鉄道・上田電鉄・ひたちなか海浜鉄道・西武鉄道・銚子電鉄・遠州鉄道・東急電鉄・京成電鉄・北総鉄道・わたらせ渓谷鐵道・富士急行・阿武隈急行・会津鉄道・湘南モノレール・鹿島臨海鉄道・福島交通ほか)

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ダイエー&ペリエレポ





「ダイエーモリシア津田沼店」と「ペリエ千葉」に行ってきたので、その感想を簡単に述べたいと思います。

まず、ダイエーにはオープンした9月5日当日の夕方に行ったのですが、店舗入口にある店名のロゴを見た途端、落胆と同時に思わず失笑しそうになりました。

「AEON FOOD STYLE」のあとに「by daiei」という小さなロゴが付されているのみで、これでは何がダイエーなのかさっぱりわかりません。

千葉県内では市川店、市川大和田店、松戸西口店も同じく「AEON FOOD STYLE by daiei」とされていますが、ダイエーを存続させるというのであればAEONのロゴはまったく必要なく、「Daiei FOOD STYLE」にしたほうがよかったでしょう。(公式

店内では惣菜類がイオンのときよりも多少充実している印象を受けたり、レイアウトもダイエー風に若干変えられている感じはしたものの、イオンPBのトップバリュ商品がかなり多く、その点でもイオンと何が違うのかという疑問を持たざるを得ませんでした。

むしろ管理人が懸念していたイオンで気に入ってよく買っていた商品の中で、なくなってしまったものがやはり何点かあり、そんなことになるのであればイオンのままでよかったとさえ思えてしまいます。

薬局や化粧品売場もあまり変わらず、店員の中には見覚えのある顔もいたので、ほとんどそのままなのでしょう。

個人的にちょっと意外だったのは、イオンのときのあのおびただしい数の監視カメラが若干減らされたような感じがしたことで、それが唯一イオンらしくないと思えた点でしょうか。

もっとも、あれほどの数のカメラがすべて稼働していたとも考えにくく、ダミーも結構あったのではないかと思われ、そのダミーを取っ払っただけなのかもしれませんが・・・

ちなみに客入りはオープン初日とあってイオンのときよりは多かったものの予想していたほどの混雑はなく、レジも稼働数が多くてまったく並ぶことはありませんでした。




次にペリエ千葉については開業当日に行けませんでしたが、週末だったこともあり結構混んでいました。

今回開業したのは駅ビルのうち2〜7階の部分で、当然のことかもしれませんが、かつての駅ビルに比べるとはるかに広く、そしてキレイになっており、中にいると千葉駅の上ということがとても信じられるものではありません。

以前と同じペリエ千葉という名称であることが不思議なぐらいです。

管理人が訪れたのはおもに6階でしたが、東急ハンズもくまざわ書店もかなり盛況でした。

5階と6階に設けられた屋上テラスもなかなか好評な感じです。(公式

ところで、このペリエ千葉を訪れた際、上階へ昇るために1階のエレベーターホールに入ったところ、そこにキャイ〜ン天野ひろゆきみたいな顔をした男性が黒服を着て立っており、おそらく案内係だと思うのですが、何も言葉を発することなく客の顔をジロジロ見ながらただ突っ立っているだけなのが非常に不快でなりませんでした。

個人的にはこういうのを見ると芸能事務所、とくにアップフロントのイベント時におけるスタッフが頭に浮かび、とても嫌な気分になります。

ほかにも各階のエスカレーター脇などに男女問わず黒服を着た案内係が多数立っていて、その大半は「いらっしゃいませ〜」など声掛けをしていたというのに、この天野似のスタッフはエレベーターが到着しても一切口を開けることがなく、案内係として何も役立っていないとしか思えませんでした。

ちゃんと仕事しろ!!と言いたくなります。

こういうのがひとりいるだけでもせっかくのオープンが台無しいった感じがしてならず、それも一番肝心な1階の入口に置くというのも信じられないことで、それならばむしろ誰も置かないほうがいいというものでしょう。

そんなのが客の相手をする業種を選び、採用されたこともまた不思議な気がしてなりません。

つい余計な話になってしまいましたが、その後「そごう千葉店」にも行ってみたところ、とくにロフトのこれまでに見たことがないほどのあまりにも閑散とした状態は気の毒に思えるほどでした。

それに地下の食品売場や催事場で行われていた九州物産展を除き、そごう全体が以前よりも空いてしまっているような印象です。

まぁペリエが開業したばかりなので落ち着けばまた状況は変わるかもしれないものの、正直これほどの影響が出るとは思いませんでした。

ペリエが開業した今となっては、駅ビルやエキナカだけでショッピングがほとんど完結できる状態になったと言えるだけに、パルコがあった中心街方面で営業されている店舗はもとより、そごうでさえもこれからかなり苦戦を強いられそうな気がしてなりません。

このうえ今秋以降にオープン予定とされているJR成田線高架下の「ストリート2(旧カーニバル)」、2018年夏以降にオープン予定の駅ビル1階部分やJR内・外房線高架下の「ストリート&ペリチカ」が開業しようものなら、その傾向はますます強まることでしょう。

パルコや三越が早々に撤退したのも頷けるというものです。

管理人としてはパルコの閉店により千葉の街から消え去った「キャンドゥ」や「ヴィレッジヴァンガード」に戻ってきて欲しいところで、今後オープンするストリートやペリチカに入ることを期待したいものですが・・・

posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(6) | SCレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

2017新京成車両画像【画像・記事】


■本文(一部)


まず、今さらながら「ふなっしートレイン」でおなじみの8816編成をようやく記録することができたので掲載します。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

Y31型セド/グロ プラモ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

12%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:青島文化教材社 1/24 ザ・モデルカーシリーズ No.62 ニッサン Y31 セドリック/グロリア V20ツインカムターボ グランツーリスモSV 1987 プラモデル

■発売日:2017/11/30

商品の説明
青島文化教材社「1/24 ザ・モデルカーシリーズ No.62 ニッサン Y31 セドリック/グロリア V20ツインカムターボ グランツーリスモSV 1987」のプラモデルです。

新規デカール。
スリットグリル部品封入。
純正アルミホイール。
16インチdBタイヤ使用。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

幕張西にスーパーバリュー





京葉道路の幕張IC付近の千葉市側にあった大手家電量販店の「コジマ幕張店(近年はコジマアウトレット幕張店)」が2016年10月30日(日)の営業をもって閉店となりましたが、その跡地へ埼玉県に本社があり食品スーパーやホームセンターを運営している「スーパーバリュー(以下=SV)」が出店の届出をしたことがわかりました。

開店予定日は2018年3月12日で、店舗面積は1781u、営業時間は午前9時から午後9時30分まで、駐車場の台数は123台、駐輪場の台数は114台とされています。

コジマの建物はそれほど古いという感じはしなかったので、そのまま出店するのではないかと思っていましたが、先日通りかかったところすでに建物は撤去され更地になっていたので、新たな建物を建設したうえで開業することに間違いありません。

SVといえばビビット南船橋の1階に食品スーパーが現在もありますが、かつては同じ1階でホームセンターも営業されていました。

今回幕張にオープンするのは千葉県内では2店目のSVとなり、大規模なホームセンターの出店は期待できないものの、食品のほか家庭用品も扱う店舗になるとのことです。

なお、この美浜区幕張西といえば団地や一戸建てが密集している地域で、かつては西友や団地内のショッピングセンターが営業されていたものの、それらがなくなってからはスーパーのない状態が長く続き、とくにクルマ等のない高齢世帯は不便さを強いられていたに違いありません。

2013年6月21日には「アタック美浜幕張西店」という小型スーパーがコジマのすぐ近くにオープンしたことを当ブログでも取り上げましたが、それからおよそ2年後の2015年5月31日に閉店とあまり長続きしなかったようです。(当ブログ過去記事

そんなスーパー空白地帯に今回オープンするSVはきっと歓迎されることでしょう。

ただしこの場所はクルマでの利用には問題もあります。

国道14号線で習志野市側からの右折入庫や、店舗から千葉方面への右折出庫は、道路がよほど空いているときでない限り、とてもできるものではありません。

従って一旦通り越して(出庫の場合は一旦左折して)Uターンするか、回り道するしかないでしょう。

また、IC付近で交通量がかなり多い道でもあるだけに、左折出庫もなかなか容易なことではなく、管理人としてはクルマでの利用を敬遠したくなるような場所です。

店舗の裏側に駐車場の出入口があればいいのですが、住宅街のため交通量が増えると苦情が出ることから設けるとは思えず、現にコジマのときもありませんでした。

いちいち14号線に出て駐車場に止めるのが億劫だからと、その裏側の道に路上駐車するクルマが出てくることも懸念されますが、こういった事情から、クルマで買い物する際にはちょっと不便な立地だと言えそうです。



posted by SS at 23:32| 千葉 ☁| Comment(15) | SC開店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

エンタメブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

はじめて見た積木くずし【映像・記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする