当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2018年03月31日

姉妹ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ

http://sscar.seesaa.net/


■SSエンタメブログ

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

どれだけ売れるのか?【画像・映像・記事】



>>>>(自動車ブログでこの記事を見る)<<<<


>>>>(エンタメブログでこの記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 | Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

東武5700系物語 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:東武のゴーナナ 5700系物語 走れ走れ唸りを上げて [DVD]

■発売日:2018/04/27

内容紹介
1991年に引退した昭和の名車、東武5700系。浅草と日光、鬼怒川を結ぶ特急車両として登場後、伊勢崎線急行への転用、臨時列車として約40年にわたって活躍。
本作品では引退間際、臨時快速などで活躍する様子を紹介。車両床下機器、台車、ウィンドウシル/ヘッダーの付いた車体をはじめ、転換クロスシートの並ぶ客室内、吊り掛け走行音、車窓風景など、貴重な映像を収録した東武ファン必見の作品です。
*本編映像は、PRO企画より発売されていたVHS作品をDVD化したものです。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1991年に引退した昭和の名車・東武5700系の魅力を捉えたDVD。浅草と日光、鬼怒川を結ぶ特急車両として登場した後、伊勢崎線急行に転用され、臨時列車として約40年間活躍した「ゴーナナ」こと5700系。引退直前、臨時快速で活躍する様子などを収録。

内容(「Oricon」データベースより)
1991年に引退した昭和の名車、東武5700系の、引退間際、臨時快速などで活躍する様子を紹介。車両床下機器、台車、ウィンドウシル/ヘッダーの付いた車体をはじめ、転換クロスシートの並ぶ客室内、吊り掛け走行音、車窓風景など、貴重な映像を収録した東武ファン必見の作品。本作品は、PRO企画より発売されていたVHS作品をDVD化したのものです。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

トップマートさつきが丘店





当ブログ昨年10月16日付の記事で、レッド ラインさんより千葉市花見川区さつきが丘団地内の「千葉市さつきが丘小売市場」が閉店となり、その跡に「トップマート」の出店が決まったとの知らせいただいたことについて取り上げましたが、その後ジャスコとバス好きのおっさんさんより情報掲示板にて3月16日(金)にオープンとなることを、前日の15日にご報告いただきました。(当ブログ過去記事
公式サイトを見てみると、さつきが丘店についてはチラシ情報があるのみで、開店のお知らせや店舗案内への追加はなされておりません。(公式

なお、同じくジャスコとバス好きのおっさんさんが、ご自身で撮影された店舗内外の画像使用を快く許可してくださったので、以下にすべて掲載させていただきます。

ss180326-01.jpg
ss180326-02.jpg
ss180326-03.jpg
ss180326-04.jpg
ss180326-05.jpg
ss180326-06.jpg
ss180326-07.jpg
ss180326-08.jpg
ss180326-09.jpg
ss180326-10.jpg
ss180326-11.jpg
ss180326-12.jpg
ss180326-13.jpg
ss180326-14.jpg
ss180326-15.jpg
ss180326-16.jpg

ご提供ありがとうございました!

posted by SS at 00:00| 千葉 | Comment(2) | SC開店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

運転動画:武蔵野線N1-1【映像・記事】


■本文(一部)


今回より舞姫氏制作によるJR武蔵野線の運転動画を公開したいと思います。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

関東鉄道バス ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

16%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:1/43 いすゞエルガ 関東鉄道 1/43スケール ABS&ダイキャスト製 塗装済み完成品ミニカー

■発売日:2018/07/31

■商品の説明
茨城県を本拠地とする関東鉄道取手営業所に所属する、いすゞ新型エルガ2108号車をミニカー化。
カラーリングはもちろん、方向幕、窓やミラー形状にいたるまで関東鉄道の仕様を再現しました。
ボディにプラスチック、シャシーにダイキャストを採用し、精密さと重量感を両立。
大型路線バスの特徴であり、マニアにとって見所である前輪のステアリングギミックつきとなっております。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

千葉県内の駅そばについて





かつてJR総武沿線などの駅構内に数多く見られた駅そばといえば、JR東日本の子会社である「日本レストランエンタプライズ」が運営している「あじさい茶屋」で、現在でも一部の駅には残っているようですが、そのそばの味がどうにも管理人の口には合わず、利用するのを敬遠していたものです。
それならばまだ常磐沿線の駅構内にある「喜多そば」のほうが上という印象でした。

📷喜多そば:かき揚げ天玉そば(450円)
ss180319-01.jpg

そのあじさい茶屋の大半が現在は「いろり庵きらく」となりましたが、値段がちょっと高いものの味が大幅に改善され、喜多そばを大きく上回ったどころか、個人的にはすべての立ち食いそば店の中で最高の部類といっても過言ではありません。
身近なところにあって利用する機会が多い駅そばの味がこれほどまでに向上するというのは喜ばしいことです。
また、立ち食いといっても多くの店舗では椅子に座って食べるのが基本なので、女性でも利用しやすくなったと言えるでしょう。

📷いろり庵きらく:かき揚げ天玉そば(490円)
ss180319-02.jpg

それに引き換え京成の駅構内のそば店ときたら以前にも取り上げたように店舗数が昔に比べかなり少なくなってしまい、しかも現在残っている店舗は狭くて座席もほとんどなく、支払いも食券方式ではなく直接と昭和スタイルそのもので、いくら昭和時代好きの管理人でも限度があるというものです。
そのうえ都内になりますが先日高砂駅の下りホーム上にある「都そば」を利用したところ、スタミナそば(天玉)がついに500円超えの510円となっていました。

📷都そば:スタミナそば(510円)
ss180319-03.jpg

先のいろり庵きらくのかき揚げ天玉そばは490円なので20円しか変わらないとはいえ、500円を超えるとだいぶ高いという印象を受けてしまいます。
それでも味がよければまだ利用する気にもなれるものの、それとて大したものではなく、なおかつ店内はかなり狭くてもちろん座席もありません。
まぁ今も残っているだけでもありがたいことなのかもしれず、またいかにも東京下町の京成らしい雰囲気が感じられる飲食店だとは思えるものの、JRの駅そばがかなり優秀になっているというのに、なぜにそれよりも高い料金を払ってわざわざ利用しなければならないのかという気がすることも確かです。
食べている間店員のおばちゃんに背後からずっとガン見されているのもあまり気分のいいものではありませんし・・・
とにかく京成は駅そばの点でもJRや他の大手私鉄に比べ大きく劣っており、まったく時代遅れとしか言いようがないだけに、店舗数の増加、および誰でも入りやすくなるよう既存店の大幅な改善を強く望みたいものです。
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(2) | 飲食店関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

エンタメブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SSエンタメブログCD

http://ssentame.seesaa.net/


■記事タイトル

高校時代の管理人2-4【記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

183系終幕への旅路 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:国鉄特急形電車183系 終幕への旅路 [DVD]

■発売日:2018/04/21

内容紹介
★★★ビコムの作品が大幅プライスダウンで再登場★★★

走行映像でつづる国鉄特急形電車183系最後の定期列車

国鉄の直流用特急型電車183系。
なかでも近畿北部のJR山陰本線・福知山線と北近畿タンゴ鉄道で183系最後の定期運用に活躍したグループは、
交直両用の485系・489系からの改造・編入車だったが、新型車両287系の投入などで2012年夏に運転を終了。
その晩年の姿を、特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」全運転区間の走行映像で紹介する。
また、車両紹介映像の他、先行して姿を消したJR西日本色の車両や、福知山線で親しまれた特急「北近畿」「タンゴエクスプローラー」なども収録する。

■183系 車両紹介
かつて貫通型のクロハ481形200番代だった、半室グリーン車クロハ183形。運転台にも485系の名残が見られる。それと対照をなす元クハ481形300番代は非貫通型。

■下り「こうのとり」の旅路
新大阪▶福知山(東海道本線・福知山線)
始発駅・新大阪を出て、大屋根に覆われた大阪駅へ。福知山線に入ると都市近郊から農村へと沿線風景は激変。特急「北近畿」時代から通いなれた丹波路を国鉄特急色の車両が快走する。単線区間の途中駅では上下「こうのとり」が交換。

■下り「きのさき」「はしだて」の旅路
京都▶福知山(山陰本線)
梅小路蒸気機関車館や撮影所のオープンセット、嵯峨野観光鉄道など、京都市内の見どころを横目に、保津峡を経て郊外そして山間部へ。「北近畿ビッグXネットワーク」の要・福知山では183系各列車がそろい踏み。

■「はしだて」の旅路
福知山▶天橋立▶福知山(北近畿タンゴ鉄道)
第3セクターの北近畿タンゴ鉄道宮福線へ乗入れ。宮津で逆編成となって天橋立へと向う。

■下り「こうのとり」「きのさき」の旅路
福知山▶城崎温泉(山陰本線)
夜久野高原の懐から円山川沿いへと続く単線区間。183系と287系の新旧交代を予感させる邂逅も。

■上り「こうのとり」「きのさき」の旅路
城崎温泉▶福知山(山陰本線)
電化区間の終端・城崎温泉を出発し、山陰本線を上る。途中駅では播但線経由のキハ189系特急「はまかぜ」と交換。

■上り「きのさき」「はしだて」の旅路
福知山▶京都(山陰本線)
特急「きのさき」「はしだて」の交換も見られる単線区間から複線区間へと入る。京都市内の高架線を駆け抜けて終着駅・京都へ。

■上り「こうのとり」の旅路
福知山▶新大阪(福知山線・東海道本線)単線区間では1線スルー構造の駅を高速で通過。JR宝塚線の複線区間を終着駅・新大阪へと力走を見せる。

本作品は2012年2月までの情報をもとに製作しており、その後の動向等により実際との差異が生じる場合がありますがご了承ください。

ナレーター:子守康範
監修:山邊誠
構成・演出:宮地正幸
制作:株式会社 動輪堂

JR西日本商品化許諾済 北近畿タンゴ鉄道商品化許諾済

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
特急「こうのとり」「きのさき」「はこだて」として力走した183系晩年の姿を収めた鉄道DVD。近畿北部の山陰本線、福知山線で活躍した列車の車両紹介や走行映像を収録。ダイヤ改正で姿を消した車両も登場。“ビコムベストセレクション”。

内容(「Oricon」データベースより)
1972年に登場し、2012年夏に運用を終了する国鉄の直流用特急形電車183系。特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」として力走を続けた183系晩年の雄姿や、183系の後を継ぐ新型車両287系の詳細も紹介する作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 | Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

SV幕張西店開業日





当ブログ昨年9月4日の記事で取り上げた千葉市美浜区幕張西に出店予定の「スーパーバリュー」ですが、その開業日について公式発表がありました。
3月16日(金)午前9時に、正式名称「SuperValue 幕張西店」としてオープンするとのことです。
公式PDF)(当ブログ過去記事

この公式PDFの内容からすると、あくまでも食品に特化したスーパーとなるようです。
また、通常の営業時間は10:00〜20:00とされていますが、今の時代のスーパーとしては閉店時間がちょっと早すぎるという印象で、せめて21:00まで営業してくれればより便利になると思うのですが・・・

なお、オープンにあたってメール会員の受付を開始しています。(公式>ニュース情報

posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | SC開店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

鉄道ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

2017年度末の京成車両3【映像・記事】


■本文(一部)


その後2017年度の京成増備車両の3本目となる3038編成が、公式発表通り3月5日に営業運転を開始しました。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 00:11| 千葉 ☔| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

玉ねぎむいたら…1 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:昭和の名作ライブラリー 第31集 玉ねぎむいたら… コレクターズDVD Part1 <デジタルリマスター版>

■発売日:2018/02/23

内容紹介
脚本家松木ひろしと石立鉄男の黄金コンビに人気歌手・女優の桜田淳子を主役に迎えて大人気となったホームコメディドラマが、 お買い求めやすい価格で新登場! !

★脚本家松木ひろしの真骨頂であるホームコメディドラマで、人気のため放送期間が延長となった代表的な作品!

★歌手として女優として、桜田淳子が人気絶頂期の作品!

【あらすじ】
有名漫画家の大国鶴郎は、今では、趣味の昆虫採集に没頭する日々を送っていたが、自分を拾ってくれた恩義から弟子の番野理介が漫画を描いて大国家の一切を取り仕切っていた。そんな中で、鶴郎の幼なじみである斉藤隆代の長女・小浪が、隆代の娘だということを隠して大国家のお手伝いとして働くことになった。

【キャスト】
桜田淳子、石立鉄男、中尾ミエ、山本紀彦、鈴木ヒロミツ、藤岡琢也 他

【スタッフ】
原案:松木ひろし
脚本:松木ひろし、田口耕三、鶴島光重、窪田篤人
監督:橋本信也
美術:吉田純二
音楽:平尾昌晃
製作:オフィス・ヘンミ、TBS

【DVD-BOX仕様】
1981年/日本/カラー/本編約710分/4:3/音声:モノラル/片面2層 第1話~15話収録( 全31話)/3枚組

【封入特典】
解説書
※仕様・特典内容は変更となる場合がございます

cオフィス・ヘンミ
発売元:株式会社ベストフィールド
販売元:TCエンタテインメント

※画像はイメージです。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1981年に放映された桜田淳子主演によるホームコメディドラマの第1巻。趣味に没頭する有名漫画家の大国鶴郎。そんな中、鶴郎の幼馴染み・斉藤隆代の長女・小浪が、隆代の娘だということを隠して大国家で働くことに…。第1話から第15話を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
有名漫画家の大国鶴郎は、今では、趣味の昆虫採集に没頭する日々を送っていたが、自分を拾ってくれた恩義から弟子の番野理介が漫画を描いて大国家の一切を取り仕切っていた。そんな中で、鶴郎の幼なじみである斉藤隆代の長女・小浪が、隆代の娘だということを隠して大国家のお手伝いとして働くことになった。昭和のホームコメディドラマがお求め安い価格で登場。
posted by SS at 00:00| 千葉 | Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

船橋西武&ロフト最終日





管理人はその後2月28日に「西武船橋店」と「船橋ロフト」の閉店を見届けてきました。
訪れたのは夕方6時過ぎでしたが、西武のほうはこれまでに見たことがないほどの盛況ぶりで、どのフロアも多くの来店客で賑わっていました。
ss180305-01.jpg
また、ロフトも結構混雑していたものの、商品はもうかなり少ない状態だったように思えます。

1階正面のエントランスでは、かなり大きなパネルに閉店のご挨拶が掲げられていたこともあり、撮影している人々がかなり多く、ちょうどラッシュ時でもあったためごった返しているような状態でした。
ss180305-02.jpg
地下1階では船橋西武やロフトに関する過去の新聞記事や折込広告が展示されていることを、ぽんぽこさんに教えていただいて知ったのですが、そこへも行ってみたところ多くの人が殺到しているような状態ではあったものの、なんとか撮影できました。
しかしもっと早く把握してまだ空いている頃に撮っておけばよかったと後悔させられた次第です。
ss180305-03.jpg
ss180305-04.jpg
ss180305-05.jpg

やがて全館同時閉店となる夜8時が近づくと、1階エントランスの部分は黒山の人だかりになっており、混雑が苦手な管理人はその場に行くのを断念してしまいました。
ss180305-06.jpg
そして仕方なくフェイスビル2階の踊り場から眺めていたのですが、8時10分頃に正面エントランス付近にあるシャッターがすべて閉ざされたようです。
ss180305-07.jpg
さらに照明が消されて真っ暗となった8時20分を過ぎてもなお、その場に留まっている人が数多い状態でした。
ss180305-08.jpg

そのほか、屋上から吊り下げられていた3本の垂れ幕が9時までには撤去されました。
ss180305-09.jpg
ss180305-10.jpg
ss180305-11.jpg
9時を過ぎるとさすがに1階エントランスの混雑は解消されていましたが、それでもまだ通りすがりに撮影している人が結構いたほどです。
ss180305-12.jpg

というわけで、閉店がこれほどまでに多くの人々によって惜しまれるとは、50年に渡る歴史の重みというものをつくづく感じました。
管理人が大型商業施設の閉店に立ち会ったのは、2005年11月30日の「ダイエー津田沼店」以来のことかと思いますが、今回の西武の惜しまれ方はその比ではなかったような気がします。
ただ、その割には先の閉店のご挨拶の下部にも告知されているように、営業終了にあたってのセレモニー等はありませんでした。
半世紀も続いてきた百貨店の最後であることを考えると、若干の物足りなさが感じられてしまいますが、ただでさえ大混雑していた中、セレモニーを実施するとより多くの人が殺到して混乱を招くことも考えられるので、そうなることを避けるためだったとすれば仕方のないことでしょう。

ちなみに、千葉県内ではかつて京成の市川真間駅の近くにあった「西友市川店」が、当初は西武百貨店として開業したようですが、船橋店の閉店により県内から西武百貨店が完全に消滅となってしまいました。

それでは、最後に閉店後のロフトの画像を掲載し、結びとさせていただきます。
ss180305-13.jpg
ss180305-14.jpg
posted by SS at 23:32| 千葉 ☔| Comment(2) | SCレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

自動車ブログ更新情報





★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ車(セダン)

http://sscar.seesaa.net/


■記事タイトル

日本の最高級車なのに・・・【画像・記事】



>>>>(記事を見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 | Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする