当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2019年07月31日

京成3300形6両 Nゲージ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3300形更新車 旧塗装ファイヤーオレンジ 3328編成 6両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2019/08/31

商品の説明
京成電鉄3300形は1968年から1972年まで総車両数54両製造されたかつての京成電鉄を代表する車種です。
登場時は非冷房車、前頭部に前照灯が2つ付き、貫通扉にある種別表示が種別板でしたが、後に冷房化改造が施工され、1989年からは前照灯と尾灯が運転席下へ移設し、また種別板から種別幕へと更新されました。
製造時期や製造会社により台車も異なり、他社ではあまり例の無い、同形式に4種類の台車を履いた形式 (FS-361A、KS-121A、FS-329D、KS-131)となっています。

製品では編成ごとにことなる台車を再現し、平成初頭に見られたファイヤーオレンジ塗装を6両編成、4両編成それぞれで製品化。
特急から普通まで活躍した往年の京成電鉄を是非お楽しみ下さい。

別売りのNゲージ走行用パーツと動力ユニットを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。
動力ユニットは18m級A TM-06R 、走行化パーツはTT-03R黒を指定。パンタグラフは[0250]PT-4212-Sを推奨します。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

第53回葛飾納涼花火大会





今年もまたバイクで行ってきました!
心配された雨もほとんど降らず、それほど暑くなかったのも幸いだったと思います。
例年のことではありますが、見物したのは千葉県側の矢切付近からで、しかも土手には上がらず畑の中からでした。
今年は足の痛みがまだ完全には治っていないので、あまり歩きたくなかったのですが、バイクだと見物する場所まで乗り入れることができ、まったく歩く必要がないのでとても助かります。

花火そのものに関しては、例年だと畑の中からでは仕掛け花火がまったく見えないのですが、今年は冒頭で富士山のような形をした仕掛け花火があり、それがとても高かったので畑からでも見ることができました。
あと、毎年エンディングで打ち上げられていた特大スターマインが今年はなかったような気がするのですが、その点がちょっと物足りなかったといったところでしょうか。

それでは、当日に撮影した花火の画像集をご覧ください!

ss190729-01.jpg

ss190729-02.jpg

ss190729-03.jpg

ss190729-04.jpg

ss190729-05.jpg

ss190729-06.jpg

ss190729-07.jpg

ss190729-08.jpg

ss190729-09.jpg

ss190729-10.jpg

ss190729-11.jpg

ss190729-12.jpg

ss190729-13.jpg

ss190729-14.jpg

ss190729-15.jpg

ss190729-16.jpg

ss190729-17.jpg

ss190729-18.jpg

ss190729-19.jpg

ss190729-20.jpg

ss190729-21.jpg

ss190729-22.jpg

ss190729-23.jpg

ss190729-24.jpg
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

京成新型3100形宗吾へ!【映像・記事】


■本文(一部)


今秋にデビューすることがすでにアナウンスされた京成の新型車両3100形ですが、早くも3152編成が7月24日から翌25日にかけてJ-TREC横浜事業所を出場し、宗吾車両基地へと回送された模様です。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

YMOサーヴィス 2枚組LP

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。


■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:【メーカー特典あり】 サーヴィス (Collector's Vinyl Edition) (完全生産限定盤) (ポスターI(B3サイズ)付) [Analog]

■発売日:2019/08/28

■商品の説明
メーカー特典して「ポスターI(B3サイズ)」が付きます。
数に限りがございますので、ぜひお早めにご予約ください。

YMO結成40周年記念! スタジオ最終作が究極のアナログで復活!

YMO結成40周年記念。全アルバムを名匠ボブ・ラディックによる最新リマスタリングで順次再発。いよいよ最終章!
1983年10月、衝撃の“散開"宣言。アルファ期最後のスタジオ録音アルバムを、米国ハリウッドのバーニー・グランドマン・マスタリングによるカッティングで2ヴァージョンのアナログ盤発売。三宅裕司主宰の劇団S.E.T.(スーパー・エキセントリック・シアター)のコントとのコラボレーションで制作された、YMO散開記念アルバム。「以心電信(フル・ヴァージョン)」「PERSPECTIVE」他収録。(1983年発表)
【Collector's Vinyl Edition】は特製外箱に45回転2枚組でカッティングしたディスクと共に、10000字に及ぶ書き下ろしライナーノーツや関係者インタビュー、貴重な写真を掲載した別冊ブックレット、当時の制作資料のレプリカ等を収納予定。

【Collector's Vinyl Edition】12inch 45rpmアナログ盤2枚組

SIDE A
1. LIMBO
2. S.E.T.
3. THE MADMEN
4. S.E.T.
SIDE B
1.CHINESE WHISPERS
2. S.E.T.
3. 以心電信
SIDE C
1. S.E.T. + YMO
2. SHADOWS ON THE GROUND
3. S.E.T.
SIDE D
1. SEE-THROUGH
2. S.E.T.
3. PERSPECTIVE
4. S.E.T.

※在庫がなくなり次第終了となります。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 一般商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ゆりまち袖ケ浦駅前モール





JR内房線の袖ヶ浦駅といえば、駅からかなり離れたところにこそ「三井アウトレットパーク木更津」があるものの、駅前には今までこれといった商業施設がないところでした。
その南口駅前に当ブログ本年5月20日の記事でも少し触れた「ゆりまち袖ケ浦駅前モール」というSCが建設され、そのうち核テナントとなる食品スーパー「せんどう袖ケ浦店」が、明日7月23日(火)9時30分に先行オープンとなります。
営業時間は9:30〜21:00で、今のところ千葉県内にしか店舗がないせんどうの24店舗目になるとのことです。

今後も9月までにかけて「キャンドゥ」「ドラッグセイムス」「サイゼリヤ」「魚民」「フィットネスクラブ」「温浴施設」などが続々とオープンし、最終的には20店舗ほどになるとのことで、ここのところ千葉県内でも増え続けている(株)新昭和が手がけるショッピングモールシリーズとしてはかなり規模の大きなSCになるといえるでしょう。





なお、隣駅の長浦駅前にあるダイエーから転換した「イオン長浦店」の利用客が結構こちらに流れることになるかもしれません。
posted by SS at 21:00| 千葉 🌁| Comment(0) | SC開店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

自動車ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS自動車ブログ車(セダン)

http://sscar.seesaa.net/


■記事タイトル

超久しぶりの軽自動車【画像・記事】


■本文(冒頭)


管理人自身や父親、そして親戚、友人、知人など、それらすべてが比較的大きなクルマを好む人ばかりなため、660ccになってからの軽自動車というものに乗った記憶がまったくありません。


>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

JR185系展望収録 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:レジェンドトレインズ 185系【前面展望収録】【DVD2枚組】

■発売予定日:2019/09/27

商品の説明
185系は1981年に運用を開始、国鉄分割民営化後には全車両がJR東日本に引き継がれた。「特急踊り子」として東京と伊豆地方を結んだほか耐寒耐雪仕様の200番台が東京と関東北部などの降雪地域を結ぶ列車として導入され、白に緑のストライプ塗装のほか様々なカラーリングが施されて特急や普通列車として関東地方を中心に活躍を続けている。 本編ディスクでは様々な路線の185系の走行シーンと車両内外観を紹介。 前面展望ディスクには下り東京―伊豆急下田間で撮影された前面展望を収録!

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:11| 千葉 ☔| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

船橋市行田1丁目にベルク





6月27日に公開された千葉県の大規模小売店舗立地法に基づく届出状況によると、船橋市行田に「(仮称)ベルクフォルテ船橋行田」の出店予定があることが明らかになりました。
新設日は2020年9月1日、店舗面積が4364u、駐車場の収容台数が235台、営業時間は午前9時から午前0時までとされています。

なお、ベルクにフォルテがプラスされる場合、津田沼の奏の杜などのように食品スーパーのベルクを核として、いくつかのテナントも同時に出店する少し大き目のSCになることを表していますが、この船橋行田の場合は小売業者が「ベルクほか3者」とされていることから、合計で4店舗が入居するSCになりそうです。

あと具体的な場所については船橋市行田一丁目382番1となっていますが、大店法に記載されている住所はまた例によってそのまま地図に入力すれば出てくるというものではありません。
ただ、行田1丁目付近をマップの航空写真で見てみると、東武野田線の塚田駅近くの線路際に大きな空地のあることがわかります。
そのほかにはSCを建設できそうな場所が見当たらないだけに、おそらくこの空地で間違いないでしょう。


ちなみにそこには以前「(株)岩城硝子中山工場(晩年は旭テクノグラス中山工場)」がありましたが、2008年12月末までに事業撤退し、その後建物等が解体され空地のままの状態が続いていたようです。

📷2009年11月の様子


このベルクの出店によりすぐ近くにある「東武ストア新船橋店」が影響を受けることになるかもしれません。
posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(2) | SC開店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

鉄道ブログ更新情報




★★姉妹ブログの更新情報です★★


■SS鉄道ブログ電車

http://sstrain.seesaa.net/


■記事タイトル

BVE5京急線N普通1【映像・記事】


■本文(一部)


先月16日のさよなら運転をもって、京急の名車800形が全廃となりました。

>>>>(この続きを見る)<<<<
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 姉妹ブログ更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

Y30グロリア(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N198a ニッサン グロリアHT V20グランデージ 86年式 白 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2019/10/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージネオ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本的な高級車として、ある意味では完成の域にあったY30型セドリック/ グロリア。
メッキパーツが多用された四角い外観、4ドアピラーレス・ハードトップなど、それまでのセドリック/ グロリアの集大成ともいえるその姿かたちは、いまやクラシックとすらいえるでしょう。
TLVでは前期型セドリック2リッター、後期型グロリア3リッター、同じく後期型セドリック3リッターと製品化してきましたが、今回は新仕様を追加。
後期型にマイナーチェンジした翌年に現れた、グロリアの特別仕様車『グランデージ』。
エントリーモデルのGLをベースに上級のSGLなみの装備を追加した、お買い得な仕様として発売されました。
TLVでは、初の後期型2リッター車として製品化。
3リッター車と比べて短いバンパーが最大の特徴です。
グロリア誕生60周年記念。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | クルマ関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

恐るべしスーパーロピア!





これは以前から感じていることですが、当ブログでスーパー「ロピア」について取り上げると、アクセスが伸びる傾向にあります。
開業前にお伝えすることができなかったのですが、以前少しだけ触れた「島忠ホームズ蘇我店」内へ出店予定のロピアが今月5日(金)にオープンとなりました。(公式店舗情報
その当日までは当ブログへのアクセス数が結構多かったのですが、6日以降は通常のレベルに落ち着いてきています。
そのことから、ロピアがいかに人気が高く注目されているスーパーなのかがよくわかろうというものでしょう。
あまり悪い評判を聞くこともありませんし・・・
個人的にはまだ一度も利用したことがないので、どうしてそれほどまでに支持されるのか不思議でならないのですが、その理由を探るため近いうちに買い物に行かなければと考えているところです。

そんな人気のロピアを誘致し、先月18日にオープンさせた「ワンズモール」ですが、それ以来すぐ近くにある「イオンタウン稲毛長沼」のマックスバリュが影響を受けているかもしれません。
ワンズモール側がロピアを出店させたのは、ダイエーを引き継いでおきながらあまり長続きせず撤退したイオン側への報復のように考えられなくもなかったり・・・
ロピア効果によりワンズモール全体も活性化しているのであれば、イオンタウンはおのずと客足が減ることになるでしょう。
管理人としてはもともとイオンタウンは必要のないSCだとしか思えなかったうえ、箱型SCが好きでオープン・モール嫌いでもあるだけに、それは好ましい傾向だと言えます。

千葉県外の話ではあるものの、イオンは同じくダイエーを引き継いだ埼玉県所沢市の「イオン所沢店」も本年9月30日限りで閉店することに決めたそうですが、そういうのは無責任なような気がしてなりません。
posted by SS at 23:50| 千葉 ☁| Comment(0) | SCの噂&独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

由利本荘出身女性タレント





当ブログ先月24日の記事で取り上げた秋田県由利本荘市ですが、今回は由利本荘出身の女性タレントについて簡単に触れてみましょう。

まず1995年12月29日生まれの23歳で、2018年5月に乃木坂46を卒業し、卒業後はタレントや女優として活躍している生駒里奈が由利本荘市出身で、ふるさと応援大使もつとめているようです。
タイプ的には決して管理人の趣味ではないものの、確かに秋田美人といわれればそういう感じがしないでもないといったところでしょうか。

t190705-01.jpg

そんな彼女が由利本荘のどのあたりに住んでいたのか気になったのでネットで調べてみたところ、その先月24日の記事で取り上げた「ジャスコサンプラザ本荘店(現イオンタウン本荘中央SC)」のすぐ近くであることが判明しました。
趣味ではないとはいえテレビではよく見ていたような彼女が、管理人にとって思い出深い場所の近くから出てきたとは驚きです。

しかもそれだけではありません。
管理人の父親の実家もそのジャスコからわりと近いことはすでに述べましたが、平成初期に遊びに行った際、その実家には中学生の従兄弟がいて、ちょうど学校で体育祭の実施日だというので見学に訪れたことがあるのですが、そこもまさに生駒里奈の出身中学であることもわかったのです。
世代に大きな隔たりがあり、その間に校舎が建て替えられたりもしていますが、まさか彼女が管理人の従兄弟の後輩にあたるとは、2度ビックリさせられました。



ちなみに彼女の実家は今現在でも同じ場所にあるのですが、かなり土地が広く、家も和風で大きくて立派なお屋敷といった感じで、そのことにもまた驚かざるを得ません。

t190705-02.jpg


そしてもうひとり、1985年7月26日生まれの33歳で、やはり女優やタレントなどとして活躍している加藤夏希も由利本荘市出身で、今はどうかわからないものの、同じくふるさと応援大使に任命されていたようです。
個人的には1999年に放映されたドラマ「燃えろ!!ロボコン」のロビーナ役や、行くことはできなかったものの2009年3月の京成船橋駅の高架下SC「ネクスト船橋(next船橋)」のオープニングイベントに招かれたことで印象深いといったところでしょうか。
そんな本人の実家の場所も何気にわかったような気がしますが、それが事実だとすればやはりイオンタウンからそれほど離れた場所ではないものの、出身中学は先の学校とは異なるものと思われます。

t190705-03.jpg

ところで、生駒里奈の祖父が由利本荘市の元市議会議長だったことは以前から有名な話であることもわかりました。
そして、実家がかなり立派なお屋敷というのはすでに触れましたが、おそらく先祖代々続く名家の可能性が高く、本人はそんな立派な家系のお嬢様であることが考えられます。
一方、加藤夏希についてはかつて自身のブログで、父親が由利本荘市の副市長を務めていると明かしたことのあることが判明しました。
それによりわかるのは両者ともに政治家であり、地元で有名な人物なのは間違いないということです。
そればかりかお二方の任期など詳しいことはわからないものの、同じ市で片や市議会議長、片や副市長ときわめて近い立場であっただけに、お互い一緒に仕事をしたこともあったのかもしれません。

同郷ということ以外、世代も異なり一見なんのつながりもなさそうな2人ですが、家族に意外な関連性がありそうだというのはなかなか面白いことだと感じた次第です。
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

丸ノ内線02系展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

22%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:東京メトロ 丸ノ内線 全線往復 4K撮影作品 池袋~荻窪 2000系/方南町~中野坂上 02系 [DVD]

■発売予定日:2019/08/21

内容紹介
首都を支える東京メトロ丸ノ内線 新型車両2000系と02系で全線往復収録!

2019年2月に登場した東京メトロ2000系。鮮やかな車体カラーに斬新なデザイン、最新のシステムを搭載した丸ノ内線の新型車両です。
順次02系から置き換えられているこの2000系に乗車。池袋を出発し、東京・銀座・新宿など東京の中心地を経由し、荻窪へ向かいます。
銀座線に次いで開業した丸ノ内線は、その歴史から、地下の浅い区間や地上に出る区間など、鉄道ファンにはたまらない見どころも多数。
30年以上に渡り活躍する02系と「サインウェーブ」など過去車両の特色を継承する2000系、車両の転換期にしか見られない両車の共演も、今後貴重なものとなります。
また方南町〜中野坂上の分岐線も収録。3両編成の02系に乗車し、方南町から中野坂上へ。
他社路線への乗り入れもなく、標準軌・第三軌条方 式を採用しているなど、東京メトロ各路線のなかでも、特色ある丸ノ内線全線。
その魅力をぜひご自宅で、4Kカメラによる高画質な映像でお楽しみください。
【4K 60P撮影 4KマスターよりフルDVD化】

■撮影日 2019年5月23日

■撮影車両 本線(池袋~荻窪) 2000系2102F
分岐線(方南町~中野坂上)02系02-186F

【弊社4K撮影作品とは】
業務用4Kカメラを使用し、4K記録した映像をマスターとして使用、
その後ダウンコンバートしてDVDに収録しています。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
東京メトロ丸ノ内線に2月より導入された新型車両・2000系と、ベテランの02系を4K撮影。長い歴史を持つ丸ノ内線は、地下の浅い区間や地上に出る区間、標準軌・第三軌条方式の採用など、多くの特色を持つ。転換期ならではの新旧車両の共演は必見。

内容(「Oricon」データベースより)
2019年2月に登場した東京メトロ2000系。順次02系から置き換えられているこの2000系に乗車。池袋を出発し、東京・銀座・新宿など東京の中心地を経由し、荻窪へ向かう。30年以上に渡り活躍する02系と「サインウェーブ」など過去車両の特色を継承する2000系、車両の転換期にしか見られない両車の共演も必見。また方南町~中野坂上の分岐線も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 鉄道関連商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

ヤックス作草部店 画像





当ブログ本年5月27日の記事で取り上げたように、千葉市稲毛区の「ヤックス作草部店」が昨日6月30日をもって、1973年(昭和48年)以来およそ45年間の長きに渡る営業に幕を閉じました。

管理人は6月中旬に最後の買い物をしに行ってきたのですが、その時点ではまだ商品が少なくなっているような感じはありませんでした。
ただ夕方にもかかわらず空いている印象で、その後近くの「ヤオコー作草部店」にも始めて行ってみたのですが、客入りの差は歴然としており、ヤックスが閉店になるのも止むを得ないと思えたことも確かです。
しかし長年続いてきたスーパーの閉店は本当に残念でなりません。

それでは、今回はその際に撮影してきたヤックスの画像をご覧ください。

ss190701-01.jpg
ss190701-02.jpg
ss190701-03.jpg
ss190701-04.jpg
ss190701-05.jpg
posted by SS at 23:50| 千葉 ☔| Comment(0) | SC画像追加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする