当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2009年04月24日

志津ステーションビル レポ





今さらながら2007年の秋頃にリニューアルオープンした京成志津駅前の「志津ステーションビル」へ行ってきました。そこで「しづマイン」時代からの変化も含めてその状況を簡単にまとめてみたいと思います。

まず1階についてはマイン時代は東武ストアやマクドナルド、食品関連の専門店などがありましたが、現在はフロア全体がパチンコ&スロットの「パラッツォ」になっています。ただ、その南寄りの片隅に結構よさげなお食事処「桂」があり、今回は入れなかったもののいつかは利用したいと思いました。

2階は当時東武ストアの婦人服や雑貨売場でしたが、現在は閉鎖中といった感じです。

3階は以前から志津駅との連絡フロアになっていますが、その通路を入ってすぐ左手の「珍来」はマイン時代とまったく変わりないまま営業されていました。その隣には他では見かけない1000円カットのお店が新規出店しており、あとはドラッグ&化粧品や「ときわ書房」といったテナントも位置が変更されたりしながら営業が継続されています。さらにマイン時代に紳士服や「キャンドゥ」だった部分は食品の「つるかめ」に変わっており、商業施設の3階に食品スーパーがあるというのはちょっと変な感覚ですw

4階は食堂街やマインシアターだった部分は閉鎖、ゲームコーナーだった部分は軽自動車専用の駐車場へと変わっていました。

5階から上は従来どおり駐車場となっていますが、パチンコで長居している利用客が多いためか、思ったより満車状態だったのが意外でした。

といった感じで、閉鎖部分がまだ結構多かったのは残念で少し寂しい気もしましたが、とくに駅と直結している3階はほぼテナントで埋まっており賑やかな感じで、マイン時代から営業継続されているお店も残っており、そういった点では安心させられた次第です。

posted by SS at 23:23| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SCレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック