当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2011年03月25日

猛威を振るう津波の様子



3月11日の大地震発生から本日でちょうど2週間が経過しましたが、まだまだ地震がおさまる気配がありません。とくにここのところは茨城県沖を震源とする地震が頻繁に起きていることが気になるところで、管理人は神経質のため就寝中でも地震の揺れを感じるとすぐに目が覚めてしまい、それから再び寝るのに軽く1時間や2時間はかかるので、寝不足気味の毎日が続いている状態です。

ところで、11日の本震についてですが、たとえ震度が大きい場所でも、その揺れの性質が多くの家屋倒壊を引き起こすほどのものではなかったとのことです。それだけに、東北地方の太平洋沿岸でも大地震の直後は倒壊している家屋があまりなかったようで、あれほど大きな津波さえ起きなければ被害は最小で済んでいたであろうことを考えると本当にあらためて残念でなりません。

今回の大震災による犠牲者は想像を絶する数になってしまいそうなことは間違いなく、行方不明になっている方々の発見にもかなりの時間がかかりそうですが、多くの津波発生時の映像等を見てて思うのは、あれほどの大津波が押し寄せているにもかかわらず、そのすぐ近くでクルマを走らせていたり、危機的状況になってからようやく避難する人の姿が見られることです。まさかあれほど大きな津波が襲ってくるとは考えにくいことも確かではあるものの、もっと津波に対する危機意識を持って、津波警報が発令された時点でさらに多くの人が早くから避難をしていれば、こんなにも大勢の方々が亡くならずに済んだのではないかと非常に悔やまるところです。

以下、当方も過去に2回ほど訪れたことのある宮城県内の「ジャスコ多賀城店(現在はイオン)」屋上からの個人撮影による津波映像です。最初に行ったときはまさにこの店舗の外部にある簡易型立体駐車場の下部にクルマを止めました。ご覧のような有様なので、このイオンは現在でも営業再開の見通しが立っておらず、やはり自分が過去に訪れたことのあるお店がこんな恐ろしい津波に襲われてしまうとはかなりショッキングなことです。





あとはこちらも個人撮影による津波映像で、いかに津波を甘く見てはいけないかがよくわかります。

岩手県釜石市街地


イオンタウン塩釜SC屋上より塩釜港
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでも映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック