当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2016年05月31日

イオンユーカリが丘店閉店日





先に更新した「イオンタウンユーカリが丘」の開業により、管理人としては既存の「イオンユーカリが丘店」がどうなるのかが非常に気になっていたのですが、やはり完全閉店という恐れていた流れになってしまうことがわかりました。(イオンユーカリが丘店公式

しかも1階の食品売場以外は5月29日(日)をもってすでに閉鎖となってしまったようで、食品売場については1週間後の6月5日(日)が最終営業日となり、総合スーパー部門は6月10日にグランドオープンとなるイオンタウン内の「イオンスタイルユーカリが丘」に引き継がれるとのことです。

個人的には「ユーカリが丘サティ」として1992年にオープンして以来、本当によく利用してきた店舗でした。

サティからイオンに転換されたときですら相当な寂しさを感じてなりませんでしたが、今回は完全閉店ということで残念無念としか言いようがありません。

とくに亡き母親がユーカリが丘で大正琴を教えていた頃、迎えに行ってよく待ち合わせたのがこのサティだったりと、今でもその当時のいろいろな光景が頭に浮かんでくるほどなのですが、そういった思い出の多いお店がまたひとつ姿を消してしまうことは非常にショックであり、身を切られるような思いすらしてきます。

また、京成の駅から近いことでも便利なスーパーでしたが、イオンタウンだと駅から若干離れてしまったり、それに店内が広すぎることなど、不便になる点が多いと言えるでしょう。

あとイオンタウンの開業により、ユーカリが丘駅から一番近い「ユーカリプラザ」への影響はないのでしょうか。

まぁ駅前という地の利を活かせば大丈夫かとは思いますが・・・

それから「イズミヤ八千代店」が6月1日をもって閉店となるも、このイオンタウン開業によるところが大きいことが考えられます。

そのほか、「イオン臼井店」も少なからぬ影響を受けると思いますが、イオン側でもそれは十分承知していることでしょう。

なお、イオンユーカリが丘店の3階で営業されてきた「ダイソー」や、ユーカリプラザの4階にかつてあった「QBハウス」はいずれもイオンタウン内へ出店となるので、その点は救いという印象ではあるものの、やはり駅から遠ざかってしまうのは不便としか思えません。

あとはイオンユーカリが丘店の撤退跡がどうなるのか気になるところですが・・・



posted by SS at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SC閉店記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック