当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2016年10月24日

関東からイズミヤ消滅





本年6月1日に「イズミヤ八千代店」が閉店になった際、千葉県内で営業されているもうひとつの店舗「イズミヤ検見川浜店」のことも気になったものですが、てつさんより情報掲示板にて来年2017年の5月中に閉店となることをお知らせいただきました。





さらに、イズミヤが関東進出1号店として1987年3月に茨城県牛久市へ開業させた「イズミヤ牛久店」についても、来年1月末に閉店することがすでに公式発表されています。





これによりイズミヤは関東地方での営業を終了することが確実となってしまいました。

その閉店予定の2店舗がともにGMSであることからしても、やはりGMS自体の不振の影響も大きいことが伺えるところですが、イズミヤの場合は本拠地の近畿地方に数多くある店舗に注力する方針にしたことも考えられます。

個人的には検見川浜店は一時期よく利用し、牛久店にも何度か行ったことがあるので、そういったスーパーがまたなくなってしまうのは残念な限りですが・・・

なお、当ブログで八千代店の閉店について取り上げた際、閉店後は建物が取り壊され、どうせまたマンション等になってしまう可能性が高そうだと述べましたが、ななしさんからいただいた情報によれば、すでに「ドン・キホーテ」として11月中にオープンすることが決まっているとのことです。(当ブログ過去記事





確かにこのイズミヤ跡はドンキにはもってこいの立地と建物という気がしないでもありません。

また、管理人自身もちょっと調べてみたところ規模の大きな「MEGAドン・キホーテ」としてオープンすることもわかり、それならば食品売場もあるためイズミヤ閉店による長期間の不便さは回避できることになるでしょう。

なによりマンション等にならず、商業施設として再出店のうえ、建物もそのまま再活用される点が管理人としては安心できたと同時に、思わず嬉しくなりました。

一方の検見川浜店の閉店後は、てつさんのお話によればイオンが買い取ることがすでに決まっているようで、食品売場を1階に上げ、地下は近隣宅配の物流センターとなるそうです。

そして現在入居中のテナントから残留希望のアンケートを取り、その結果をイオンに渡すとのことで、現行のイズミヤより規模を縮小したスーパーになるのは明らかでしょう。

こちらも商業施設として再出店することになったのはよかったものの、またしてもイオンだとは・・・

JR京葉線の海浜幕張、検見川浜、稲毛海岸と3駅連続でイオンだらけになってしまうことを考えると、もううんざりという気がしてなりません。
posted by SS at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SC閉店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック