当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2018年05月28日

八千代台の扇屋ジャスコ





京成八千代台駅の西口ロータリーで、かつて「扇屋ジャスコ八千代台店」が営業されていたのはご存知の方も多いことでしょう。
管理人も少しだけその記憶が残っているような気がします。
ただ閉店したのが1986年(昭和61年)2月という記述があるのですが、そんな昭和60年代まで営業されていた憶えはまったくありません。
もしそれが事実であればもっと強く記憶していてもよさそうなものなので、個人的には昭和50年代の後半にはもうなかったという感覚です。
なお、扇屋ジャスコの閉店からどの程度のブランクがあったのかわかりませんが、その後ビルの1階には生鮮食品の「マルトヨ本店」が入り、しばらく営業されていました。
さらにそのビルは2018年現在でも残っていますが、1階は2000年代から「くすりの福太郎 八千代台西口店」となっています。

📷建物右側の上部をよく見てみると、現在でも「マルトヨ本店」の文字が残っていることがわかる


一方、それとは別に同じ西口ににある「八千代台アピアビル」内にも扇屋ジャスコが入っていたという事実を今回初めて知りました。

📷八千代台アピアビル


一体そのアピアの何階に入居し、何を販売する店だったというのでしょうか。
閉店時期は1982年(昭和57年)10月とされているので、八千代台駅西口で2つの扇屋ジャスコが共存していた期間が長かったことは間違いありません。
もしかするとその両店では販売するものが異なっていたのかもしれませんが・・・
いずれにしてもその両店の閉店時期が事実だとすれば、1977年(昭和52年)12月に東口へ大型SCの「ユアエルム八千代台店」が開業して以降も、すぐには閉店にならずに健闘しつつ営業されていたと言えるでしょう。
また、現在西口の近くで営業されているイオン系列の「アコレ」は、イオンの前身がジャスコだったことを考えると、同系列の店舗が八千代台駅前に復活したと考えられなくもありません。

📷アコレ八千代台駅西口店
posted by SS at 23:44| 千葉 ☁| Comment(2) | 今はなきSCの記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
扇屋ジャスコ八千代台店と八千代アピア店の開店・閉店時期については、社史「ジャスコ三十年史」内で扇屋ジャスコ(あるいは伊勢甚)各店舗の開店・閉店時期が載っていて、そちらで確認できます。
扇屋や伊勢甚との提携の経緯も載っていたと記憶しています
Posted by シープ at 2018年06月04日 22:37
情報ありがとうございます。
機会があればぜひ確認してみたいと思います。
Posted by SS at 2018年06月04日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。