当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2021年01月01日

2021年を迎えて





2021年がスタートしました。

喪中のため新年のご挨拶は控えさせていただきますが、本年も当雑記ブログはもとより、鉄道、自動車、エンタメ各ブログともどもよろしくお願いいたします。

posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

2020年の終わりに





まもなく2020年が終わろうとしています。
ちょうど1年前となる昨年の最後に更新した当ブログの記事で、2019年は悲惨な事件や、それまでに経験したことのない大きな台風に見舞われ甚大な被害が出るなど、不幸なことが続いた1年になったと述べました。
従って2020年は何も起きることのない平穏な1年になればいいと考えていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大という別の意味でとんでもない年だったとしか思えません。
まさか世界中が窮地に追い込まれるようなウイルスがこれほどまでに広がるとは考えてもみませんでした。
しかもそれがよりによってせっかく開催されることが決まっていた東京オリンピックの年にちょうど目がけたかのように発生し、延期あるいは中止に追い込まれるとは、悲惨すぎるというものでしょう。

ただ個人的には幸いにしてそれほど大きな影響を受けることはなく、コロナ禍前とほとんど変わらない生活を送ることができました。
また仕事はもともとリモートで、リアルに接する人付き合いがあまり広くはなく、そのうえ酒が飲めないので飲み会とかに参加することもないだけに、幸いにして今のところは感染していません。
休日に電車で千葉から都内や神奈川、埼玉方面へ行くことはあるものの、車内は空いており、街中でも人との距離をなるべく保つようにしているので、油断大敵ながら感染リスクはさほど高くはないでしょう。


ところで、管理人と同居している70代の父親は、これまで大きな病気を患ったことがなくいたって元気で、入院した経験もなかったのですが、10月中に体調を崩し、夜中にトイレへ何度も行こうとしながら自力で起き上がれないといったおかしな状態になったので、救急車で病院へ搬送という事態に・・・
その際39度という高熱が出ていたほか、飲食を伴う店のオーナーという仕事柄コロナ感染が疑われたので、こちらで病院を指定することはできず、コロナの患者を受け入れている自宅から少し離れたところにある病院になりました。
何分にも高齢のためコロナだとしたらもうダメかと思っていたのですが、病院到着後すぐに行われた検査の結果、コロナではないことがわかり一安心したのも束の間、今度は胆管炎と診断されたうえ明日死んでもおかしくはないほどの容体などと医師が言うのです。
今年は母方の伯母や父方の祖母が亡くなったばかりだというのに、父親まで失うことになるのかと血の気が引くような思いをしたのはいうまでもありません。
意識はしっかりとしており受け答えもまったく問題ないというのに、それほど危険な状態だとは・・・
しかし万一の場合を考えてということはあるにせよ、実際には医師の言い方がちょっと大げさだったようです。
その後胆石を排出する治療を行い、当初入院期間が2週間や3週間はかかるといわれていたのに、わずか1週間で退院となりました。
それは入院生活から一刻も早く解放されたい父が強く早期退院を希望したこともあるかと思いますが、退院後は日常生活になんの問題もなくピンピンしていることからしても、やはりそれほど大したことはなかったのでしょう。
一時はどうなることかとかなり不安な気持ちに陥ったながら、重篤化するようなことがなくて本当によかったと思っているところです。

それにしてもコロナ禍においては入院している家族との面会すら許されません。
そのかわり携帯電話での通話は許されているので会話はできるのですが、家族と長い間会えないというのは本当に辛いものです。
母親が入院していた頃にそのようなことになったならば、管理人は間違いなく気が狂っていたことでしょう。
その一方で、父の内臓を写したレントゲンを見ながら「肺がすごく綺麗だ」と医師が話したのはかなり意外だったとしかいいようがありません。
それはもう少なくとも50年以上はタバコを吸い続けている喫煙者だからで、そのことを話したら医者も驚いた様子でしたが、どうやら喫煙者だからといって肺が真っ黒になるとは限らないようです。
それにより父は高齢者に多い肺炎の心配はないだろうとのことでした。

というわけで、管理人にとっては個人的にもいろいろなことがあった2020年だったといえます。
コロナに関しては変異種への感染者が確認されたりもしているだけに、来年になってもまだしばらくはなかなか収まりそうにないことは明らかで、完全に収束するまでには3年ほどかかるという見方もあるようですが、一刻も早くこの世から消え去り通常の日々が戻るよう強く願わずにはいられません。

それでは今回が今年最後の記事となります。
本年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来る2021年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

サイト開設から20周年!

2000年12月21日に管理人SSが運営するサイト「SS memorial site」を立ち上げてから本日でちょうど20年が経過しました。
かなり以前よりサイトのほうの更新は終了も同然の状態となり、その後各部屋の内設ブログの運用へとシフトしましたが、そういった変遷をたどりながら途絶えることなく20年もの長きに渡り続けてこれたことには我ながら感心しているところです。
この20年間、各ブログも含めご訪問、また情報等をお寄せいただいた方々に対して感謝の念に堪えません。
これからも可能な限り各ブログの運営を続けていきたいと考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(4) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございます。

令和最初の正月と2020年代を迎えました。
時代がどんどん移り変わっていますが、今年もまた例年通りのペースで更新を続けていく予定です。

各姉妹ブログともども引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございます。

平成最後の正月を迎えました。
本年は元号が変わり新たな時代を迎えることになりますが、
管理人は例年通りのペースで更新を続けていく予定です。

各姉妹ブログともども引き続きよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年の終わりに





平成最後の大晦日となりました。

今年1年を振り返ってみて強く感じるのは、とにかく日本の各地で災害が多く発生したということです。
そのもっとも大きな原因となったのは、なんといっても異常すぎる気象でしょう。
昔に比べると、半端ない豪雨が増えたように思えてなりません。
また、台風襲来の回数がとても多かったことに加え、建物を破壊しトラックなどを横転させるほどの風の強さにも驚かされるばかりでした。
また、夏の猛暑も凄まじいもので、熱中症により多くの方々が亡くなられたことを考えると、これも間違いなく災害のひとつと言えるでしょう。
大げさかもしれませんが、こういった異常気象が今後どんどん激しさを増していくのであれば、地球は将来的に住めない惑星になってしまうのではないかということを、今年はとくに痛感させられた次第です。

一方、大阪と北海道では大きな地震の発生もありました。
ニュースでそういった地震の被害状況を知る度に心が痛むと同時にとても恐ろしくなります。
大地震というのは日本の各地で次から次へと起きるものだとしか思えないのですが、まるで関東を避けるかのようにして発生していることが本当に不思議でなりません。
しかし、管理人としてはここ数年のうちに必ず関東を遅う巨大地震が発生するのではないかと予想しています。
それは先の異常気象による災害など問題にならないほど切迫しているように思えてならなかったり。
まぁそんな管理人の予想が見事に外れればいいと思いますが・・・
というわけで、新元号を迎える2019年は大きな災害がなく平穏な1年になることを祈るばかりです。

それでは今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2018年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

本日月曜日は記事のアップ日でもあるので、小ネタを2つほど。
まず、本年2月28日(水)をもって「西武百貨店船橋店」が撤退することはすでに当ブログでも取り上げましたが、その裏手にある「船橋ロフト」はどうなるのか気になっていたところ、やはり同日をもって閉店となることが告知されていました。(公式
昨年よりそのどちらも閉店売りつくしセールが開催されています。





次に、JR津田沼駅南口にあった「SLつけ麺津田沼店」が昨年4月末をもって閉店となりましたが、昨年の11月7日に建物はそのままで店内改装のうえ、ちょい飲みも可能な「中華食堂日高屋」がオープンしました。

ss180101-01.jpg

SLつけ麺は個人的に一度も利用したことがありませんが、30年以上前から存在したことは確かで、長らく続いてきた営業が終了したことになります。

posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

さようなら平成20年代





2017年も残すところあと6日となりました。
そして、今年は平成29年なので、平成20年代が終わることにもなります。
管理人は元号が昭和から平成に変わった頃のことを今でもよく憶えていますが、それからまもなく30年にもなるとは、本当に早いものです。

個人的には、母親がまだ生きていた平成20年代が終わろうとしていることに、淋しさを感じてなりません。
母とともに過ごした時間がどんどん過去へと遠ざかってしまっていることに、身を切られるような思いがします。

さらに、2019年(平成31年)4月30日には平成という元号までもが終了となることが決定的となりました。
どんな分野においても昭和時代のものが大好きな管理人にとって、平成という時代には結局あまり馴染むことができませんでしたが、それだけに来る新時代に対してより一層親しみを持てなくなりそうなことは明らかです。
そのうえ、母とはまったく無関係となる新元号の時代を長々と生きたいとはどうしても思えません。
今のところはまだ切迫したほどの状況ではないものの、老後まで生きる気にはとてもなれないというのが正直なところです。

商業施設関連についても、今年もまた母とよく訪れた店舗を複数失ってしまいました。
その点でも、母との思い出がどんどん遠のいていくという気がしてなりません。
このように、管理人の頭の中は今でもまだ母一色という感じで、この状態は死ぬまで続いていくことでしょう。

というわけで、思わず暗い感じの話題になってしまいましたが、今回が2017年(平成29年)最後の当雑記ブログの記事となります。
今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来る2018年もよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

旧年中は当SS雑記ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年の終わりに





本年も残すところあとわずかになりました。

今年は長年に渡り営業が続けられてきた大型店の閉店がとくに目立つ1年だったと思います。

上半期には閉店ではないものの、個人的に千葉県内のダイエー4店舗がイオンに転換されてしまったのがショッキングな出来事でした。

ただ、その後残るダイエー5店舗も年内中には次々とイオン化されてしまうのではないかと予想していたのですが、5店舗すべてがダイエーのまま年を越せるのは救いと言えるかもしれません。

そればかりか、イオンは「ダイエー」という屋号を消滅させるはずだったにもかかわらず、11月26日には「ダイエー市川大和田店」をオープンさせており、消滅させるものを新たに増やすというのはおかしな話であることを思うと、ダイエーの店舗を残す方向へと変更されたことが考えられ、ぜひそう願いたいものです。

6月に入ると「イオンタウンユーカリが丘」の開業に伴い、サティ時代から営業されてきた「イオンユーカリが丘店」が閉店となってしまったことがとても残念でした。

しかし、来春には山万直営のショッピングモールとして再生されるとのことで、それがどのような商業施設になるのか楽しみなところです。

下半期に入ると、9月末にJR常磐線柏駅東口の顔として長年に渡り営業されてきた「柏そごう」の閉店がありました。

現在では唯一の生き残りだった、そごう名物の回転展望レストランが同時になくなってしまったことも残念な限りです。

跡地については建物は解体せず、内装をリニューアルしたうえで新たな商業施設としての開業が検討されているようですが、具体的なことはまだ決まっていないとのことで、空洞化を避けるためにもなるべく早く決定したほうがいいでしょう。

また、大型店ではないながら習志野市の袖ヶ浦団地にあった「ピーコックストア袖ヶ浦店」もやはり9月末をもって閉店になってしまったことが個人的にはとてもショックでしたが、何も誘致されることなく放置状態がずっと続いてしまうのでしょうか。

近くにマルエツがあるのであまり問題ないとはいえ、アコレやBig-Aといったディスカウント系のスーパーができればそれなりに便利だと思いますが・・・

11月末には「千葉パルコ」の閉店がありましたが、これは当ブログでも何度か取り上げたことからもわかるように、管理人にとってはとくに衝撃の大きな出来事でした。

それはパルコ時代によく訪れた思い出があったこと、さらに記憶はかなり薄いながら、田畑百貨店時代からの長い歴史があったからです。

しかも一度大きな火災に遭った建物であることを考えると、内部のどこかには焼け焦げの跡といった火災の痕跡が残っているのではないかとか、唯一の犠牲者だった田畑社長の亡霊が今でもさまよい続けているのではないかといった、オカルト的な気分を味わえる場でもあっただけに、建物内に入れなくなってしまったのに加え、解体が決定されてしまったことはかなりショックでなりません。

なお、管理人は千葉パルコの外観を暗いときにしか撮影できませんでしたが、レッド ラインさんが11月10日の日中に撮影された外観とパルコバスの画像をお送りいただきましたので、以下に掲載します。

ss161226-01.jpg
ss161226-02.jpg

というわけで、2016年を簡単に振り返ってみましたが、今回が本年最後の記事となります。

この1年間も当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

来る2017年もまたよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

旧年中は当SS雑記ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2015年の終わりに





まもなく2015年(平成27年)が終わろうとしています。

国内では今年もまた大きな災害が発生してしまいました。

茨城県常総市での鬼怒川堤防決壊による水害で、川から溢れた水に家が流されているニュース映像を見た際、4年前の東日本大震災のときと似たようなその光景に強い衝撃を受けたものです。

東日本大震災では海沿いの恐ろしさというものを見せつけられましたが、今回は川沿いも決して安心できないとつくづく思いました。

常総市といえば管理人がまだ生まれる前のことながら、京成に勤務していた祖父が子会社である関東鉄道への出向を命じられたため、一時期水海道へ単身赴任していたことがあるだけに、その家族として常総線が大きな被害を被り、全線で運転見合わせとなってしまったことはショックでした。

また、「アピタ石下店」も1階部分が水に浸かるなどの被害を受け、その後完全な状態での再開が難しいとして閉店になってしまったことは残念でなりません。

そのほか、今年起きた出来事ではないながら、管理人としては11月30日に「ダイエー津田沼店」が閉店してからちょうど10年を迎えたことは、なかなか感慨深いものがありました。

閉店日当日に行って名残惜しんだことや、撤退後ゴーストタウンも同然の状態が続いたことなどが思い出されましたが、この10年、早かったような遅かったような、とても複雑な心境です。

そして、個人的には母が亡くなってから1回目の命日を迎えた年でもありました。

やはり1年やそこらではとても母親を失ったことの寂しさが消えるものではありません。

あまり長生きはしたくないという気持ちも相変わらずです。

ただ、母のところへなるべく早く行くと考えることにより、かろうじて今を生きられているという面はあるかもしれません。

その考えが断ち切られてしまったら、今すぐにでもこの世を去りたい気持ちになってしまうでしょうが、それを支えに今後もしばらくはなんとか生き続けられるのではないかと思います。

というわけで今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。

2016年もまたよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015年のはじめに





2015年がスタートしました。

旧年中は当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。
また、コメントをくださった方々にも大変感謝しております。

喪に服しているため年頭のご挨拶を控えさせていただきますが、
本年もまた当サイトをよろしくお願い申し上げます。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

2014年の終わりに

今年も残すところあとわずかとなりました。

2014年は、管理人にとって本当に史上最悪の年になってしまったという一言に尽きます。

まさか最愛の母親を失うという悲惨な年になるとは思いも寄りませんでした。

永眠してからまもなく3ヶ月になろうとしていますが、相変わらず母のことを思い出しては辛くなる毎日で、とても悲しみが癒えるものではありません。

それどころか、いい歳してマザコンすぎることに引かれるかもしれませんが、母の生前は1日でも顔を見ないと寂しい気持ちになるぐらいだっただけに、もうとっくに限界を通り越していると言えるでしょう。

そして最近では悲しみとともに怒りも生じるようになってきています。

管理人の若い頃からの大きな願い事はたったひとつ、母の長生きでした。

本当にそれ以外は何も望まず、そのことだけを願いつついつも神に手を合わせてきました。

にもかかわらずガンで他界するようなことになってしまうとは、故人である祖父や祖母はもとより、先祖代々に見事に裏切られたという思いで一杯です。

おかげでもう何も信じることができなくなってしまいました。

もともとあまり長生きはしたくないという考えの管理人ですが、こうなったら悔しいので早く死んでやると思いたくもなるというものです。

また、母親を失った悲しみを抑える唯一の方法が、なるべく早く母のところへ行くと考えるしかないということもあります。

というように、ついそんなことまで思ってしまうほど最悪の1年だったながら、母がまだ生きていた年でもある2014年が間もなく終わろうとしていることが、それはそれでまた本当に寂しくて仕方ありません。

時の流れにより悲しくて嫌な記憶が薄らいだり、自分が死に近づくという点では好ましいと思える反面、母が生きていた時代がどんどん遠ざかってしまうことの辛さが大きいこともあるだけに、かなり複雑な心境です。

こんな状態で果たして2015年以降もまともに生きていけるのかどうか不安になりますが、その一方で管理人には母亡きあともいろいろな楽しみがあることは確かです。

たとえば鉄道に乗っていろんな街を訪れたり、鉄道運転シュミレーションのBVEを行ったり・・・

それにターミナルシティ本八幡SCや千葉の新駅ビル完成を見届けるまでは死ねないという思いもあります。

さらにオリンピック自体にはあまり興味がないものの、オリンピックで変わる東京の街というのも見てみたいものです。

しかし、やはり長くてあと10年程度生きれば十分といったところでしょうか。

老後に対するさまざまな不安があまりにも大きすぎることもあるだけに、60代になっても生き続けたいとはとても思えません。

それに個人的には首都圏を襲う巨大地震や富士山の大噴火といった災害が近いうちに必ず発生すると考えているので、どのみち長生きできなかったり、仮に生き伸びたとしてもそういう災害の恐怖を味わいたくないという思いもあったりします。

とまぁいろいろとお話ししても仕方のないネガティブ思考なことを書いてしまいましたが、当方にとってはブログの運営も楽しみのひとつであり、母のあとをすぐに追うことなく3ヶ月近くが過ぎ、とりあえずなんとか無事年を越すことができそうなのは、母の他界後すぐに当ブログのコメントでいろいろと励ましてくださった方々のおかげと大変感謝しております。

そして、今回が当ブログ今年最後の記事となります。

この1年間もまた当ブログをご覧いただいたり、多くのコメントや情報もお寄せくださったりして本当にありがとうございました。

管理人が生き続ける限り当ブログも続けていきたいと考えておりますので、来年以降もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014年 年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年も当SS雑記ブログをよろしくお願い申し上げます♪

カメラ今回の特製大盛り年越しそば
ss140101-01.jpg
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013年 年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年も当SS雑記ブログをよろしくお願い申し上げます♪

カメラ今回の年越しそば(美味しくておかわりしちゃいましたw)
ss130101-01.jpg
ss130101-02.jpg
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

みはし湯の件について





当ブログの前回3月12日付の震災関連の記事の中で、習志野市の京成津田沼商店街にあった銭湯「みはし湯」が復活したとお伝えしましたが、この件について訂正をしなければなりません(^^;

どうやら銭湯として復活したわけではなく、創業85年にもなる歴史あるこの建物を残そうと地域住民の方々が立ち上がり、内部を改装してホールを設置し、簡単なコンサート等が開催できる場として再生されたことがわかりました。(千葉日報該当記事

今月10日にアマチュア音楽家や合唱団による当会場初のコンサートが開かれ、そこへ当方がちょうど通りかかったために人だかりができていたものと思われ、その様子から会場の外にまで人があふれるほどの盛況ぶりだったことが伺えます。

というわけで今回は完全に管理人の早合点でした。お詫びと訂正をさせていただきますm(_ _)m
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年 年頭のご挨拶





新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年も当SS雑記ブログをよろしくお願い申し上げます♪

カメラ今回の特製大盛り年越しそば
ss120101-01.jpg
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

管理人の安否情報

本日午後、千葉県でも大規模な地震が発生しましたが、皆様ご無事でしたでしょうか?

管理人はご覧のとおり幸いにして大丈夫でしたが、今日ほど怖い体験をしたのは生まれて初めてでした。
また、家屋の倒壊こそなかったものの、部屋の中が見るも無惨なほどごちゃごちゃの状態となり、現在片付けているところです。

皆様方の無事を心よりお祈りいたします。
posted by SS at 20:00| 千葉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年 年頭のご挨拶





新年、あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年も当SS雑記ブログをよろしくお願い申し上げます♪
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする