当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
万一誤りがあった場合でも一切の責任は負えませんので、予めご了承ください。

なお、当ブログの記事とは無関係な情報等をお持ちでご報告いただける場合は、
管理人が運営している「情報掲示板」もありますので、お気軽にご利用ください!

2017年12月25日

さようなら平成20年代





2017年も残すところあと6日となりました。
そして、今年は平成29年なので、平成20年代が終わることにもなります。
管理人は元号が昭和から平成に変わった頃のことを今でもよく憶えていますが、それからまもなく30年にもなるとは、本当に早いものです。

個人的には、母親がまだ生きていた平成20年代が終わろうとしていることに、淋しさを感じてなりません。
母とともに過ごした時間がどんどん過去へと遠ざかってしまっていることに、身を切られるような思いがします。

さらに、2019年(平成31年)4月30日には平成という元号までもが終了となることが決定的となりました。
どんな分野においても昭和時代のものが大好きな管理人にとって、平成という時代には結局あまり馴染むことができませんでしたが、それだけに来る新時代に対してより一層親しみを持てなくなりそうなことは明らかです。
そのうえ、母とはまったく無関係となる新元号の時代を長々と生きたいとはどうしても思えません。
今のところはまだ切迫したほどの状況ではないものの、老後まで生きる気にはとてもなれないというのが正直なところです。

商業施設関連についても、今年もまた母とよく訪れた店舗を複数失ってしまいました。
その点でも、母との思い出がどんどん遠のいていくという気がしてなりません。
このように、管理人の頭の中は今でもまだ母一色という感じで、この状態は死ぬまで続いていくことでしょう。

というわけで、思わず暗い感じの話題になってしまいましたが、今回が2017年(平成29年)最後の当雑記ブログの記事となります。
今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来る2018年もよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

BVE Trainsimのご紹介





鉄道ブログでは度々取り上げているのですが、PCがあれば誰でもすぐにプレイできる鉄道運転シュミレーション「BVE Trainsim」がいかに素晴らしいものかをより多くの方々に知っていただきたいため、あえてアクセス数の多いこの雑記ブログにてご紹介することにしました。

「BVE Trainsim」は、鉄道に少しでも関心があれば誰もが必ず一度は憧れる運転操作を、家庭のPC上で気軽に楽しめるものです。

今回紹介する最新バージョンのBVE5は、対向列車などが動いたり、車両の挙動もより現実に近い状態にまで高められるなど、かなり進化していると言えるでしょう。

BVE5本体のダウンロード(リンク

路線データや車両データは本体のサイトとは別に各個人が制作し公開しているのですが、そのうち路線データは東京メトロ東西線を選んでみました。

BVE東京メトロ東西線のダウンロード(リンク

こちらのデータはかなり忠実に再現されており、感動的なほどです。

また、この東西線のサイトの中で、別の方が制作されたBVE5向け各車両データのダウンロードもできるのですが、これについてもグラフィックや音などがビックリするほどのリアルさとなっています。

路線データも車両データーも完璧と言えるレベルに仕上げられているため、実際に運転している感覚にとらわれるといっても過言ではありません。

それがどれほどのものなのか、実際に動画をご覧ください!

この東西線の路線データでは西船橋から中野まで各種別の運転が可能ですが、今回ご覧いただくのは西船橋から東陽町までの快速となります。

対向列車のみならず脇の道路を走るクルマも動くほか、途中でいきなり天候が悪化し、浦安駅付近では雨や雷といったものまで再現されています。

また、車両データは多種類ある中から05系13次車を選びましたが、ワイパーが任意で動かせるようになっていたり、降雨により浦安駅発車時に車輪が空転したりするあたりも、本当にリアルだと言えるでしょう。



というわけで、「電車でGO!」などの運転シュミレーションと違って点数などは出ませんが、これほどのものがPCさえあれば無料で楽しめるというのは、まったく驚きとしか言いようがありません。

他にも多数の路線・車両データが公開されているので、鉄道好きの方はもちろん、そうでない方にもぜひ運転してみることをオススメします!(BVE5対応データ一覧)(柏鉄道フォーラム
posted by SS at 21:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

BDプレーヤー復活!!





2013年の春にパイオニア製の新品ブルーレイディスクプレーヤーを1万円近くも出して購入したのですが、わずか1年ちょっとでBD・DVDの両ディスクともに読み込み不良のため、使用できなくなってしまいました。

仕方ないので、それより少し前に居間用としてヤフオクで落札した同じパイオニア製の中古BDプレーヤーを自分の部屋で使っていたのですが、購入から2年ほど経って今度は電源がまったく入らなくなるトラブルに見舞われやはり使用不能に。。。

パイオニア製はもう懲りたので、昨年の夏あたりにヤフオクでグリーンハウス製の中古BDプレーヤーを落札したところ、中身がまるごとパイオニアそのものという始末で(苦笑)。

動作音や画面表示などが同じなのですぐにわかったのですが、それで嫌な予感がしていたところ、案の定3ヶ月ほどでBD・DVDの両ディスクともにいきなり読み込み不良となってしまいました。

湿式のレンズクリーナーを購入して試してみても、そのクリーナーのディスク自体も読み込まないため、まったく使い物になりません。

それ以降、新たにBDプレーヤーを入手するのをためらっていたのですが、つい先日、ディスクを読み込まなくなったプレーヤーについて思いきって自分で中身を開けてレンズ部分のクリーニングをしてみることに・・・

まずはグリーンハウス製のBDプレーヤーを開けて、先の湿式レンズクリーナーの液体を綿棒に付け、BD用・DVD用と2つ並んでいるピックアップレンズをともにクリーニングしてみました。

その結果、見事完全復活!!

すべてのディスクをなんの問題もなく読み込むようになりました!

その後まったく同じ要領で新品で購入した方のパイオニア製BDプレーヤーもクリーニングしてみたのですが、こちらも完全復活!!

これほど簡単なことで復活できるのであれば、もっと早く試せばよかったとも思えるところで、しばらく眠らせていたのがもったいなかったですが、ディスクを読めなくなったからといってすぐに廃棄せずによかったと同時に、2台とも機能や使い勝手の面ではとても気に入っていたので本当に助かった次第です。

今後もまたディスクを読まなくなった場合、レンズのクリーニングをすればいいことがわかったので、ほかの部分が壊れない限り長く使えていけることでしょう。

ちなみにグリーンハウス製とパイオニア製のBDプレーヤーは、やはりピックアップレンズの形状まで同じでした。

それにしても、レンズというものがそれほど短期間で汚れてしまうものだとは・・・

もう長いこと使っているパイオニア製のDVDプレーヤーや、LG製のBDプレーヤーは、クリーニングなどしなくてもまったく問題なく使えていることを考えると不思議な思いがします。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

進化するストリートビュー





子供の頃から地図を見るのが大好きだった管理人にとって、グーグルマップのストリートビューほど便利で楽しい地図ツールはありません。

当初のものに比べると現在ではかなり使い勝手がよくなったほか、高画質で見やすくもなったものだと思います。

また、全国の大半の道に対応してきており、実は管理人の家の前の道路はどういうわけかこれまでずっと未対応だったのですが、それも今年に入ってから見れるようになりました。

さらに最近では山の登山道や観光地など、徒歩でしか入れないような場所も公開されるようになってきています。

📷富士山山頂


📷上高地河童橋


ただ、管理人がひとつだけ残念だったのは、一度画像が更新されてしまうと、もう過去の風景が見れなくなってしまうことでした。

しかし、その過去の画像も見られるように、昨年あたりから新しい機能が追加されたようです。

もちろん、管理人の自宅前など最近になってようやく対応した道については過去の画像を見ることはできませんが、当方がいろいろと確認してみたところ、千葉県内ではもっとも古い場所で2009年からの画像を見れることがわかりました。

2011〜2012年あたりは、おそらく震災の影響で撮影が途絶えていますが、場所によってその2年間よりも前と後の風景を見比べることが可能です。

たとえば、身近なところでここ数年の間に風景が一変した場所といえば津田沼の奏の杜かと思いますが・・・

📷2010年


📷2015年


こういった感じで変化の様子が一目瞭然と言えるでしょう。

現時点ではたかだか5年程度しかさかのぼれないので大きく変化した場所は少ないものの、この過去の画像を見ることができる機能が今後も永久に提供され続けるならば、10年・20年と経過したときにもの凄い地図ツールになることは間違いありません。
posted by SS at 23:32| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

ありがとう赤い冷蔵庫





管理人の家では使用している冷蔵庫が複数あるのですが、そのうちサブとして使っていた赤い小型冷蔵庫が、ついに昨年の秋頃に突然冷えなくなってしまいました。

この冷蔵庫は確か30年近く前に、松戸にあった長崎屋の家電売場で購入したものだったと思います。

メーカーはNEC製で、NECではもうとっくの昔に冷蔵庫の製造を終了しているらしいので、その点でも非常に貴重な製品と言えるでしょう。

30年近くもの間よく長持ちしたと思えると同時に、それだけ長く使用したとなると下宿先などでも活躍してくれた思い出がよみがえってきたりと、たとえ生きていない物でもかなりの愛着心を感じないではいられません。。。

今年に入ってから新しい小型冷蔵庫を購入し、その際処分してしまったのでもう家にはありませんが、通常では考えられないほど長年に渡り活躍してくれた赤い冷蔵庫には、感謝の気持ちで一杯です!!

ss140203-01.jpg
posted by SS at 00:00| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

久しぶりに復活p(^-^)q





先日大掃除をしていたところ、部屋の奥からこんなものが出てきました!

ss140113-01.jpg

ソフトクリームライト♪

これは確か30年近く前にマリンピアかどこかの中に入っていたファンシー雑貨店で、どうしても欲しくなって買った記憶があります。

しまい込んでからもうかなり長い時間が経つというのに、スイッチを入れてみると今でもちゃんとつくことに思わずビックリ!

ss140113-02.jpg

読書などができるほどの明るさはないものの、暗がりの中でほんのりと灯るソフトクリームが部屋のムードをいい感じに高めてくれます。

そういえば昔はソフトクリームを売っている店には、これよりももっと大きいソフトクリーム型の電飾看板が店先にだいたい置いてあったものですが、最近ではあまり見なくなってしまいました。

この人も最近見かけなくなったものとしてブログで取り上げたことがあります→(リンク

というわけで、今となってはわりと貴重なものでもありそうなので、部屋のインテリアとして久々に復活させることにしました(^^)

ただ電気代のことを考えると、電球はLEDに変えたほうがよさそうな気もしていますが・・・
posted by SS at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

カエルの謎





管理人の自宅の近くには田んぼや河川がまったくなく、庭には池などの水たまりもありませんが、もうここ何十年もカエルが棲み付いています。

また、雨が降ると近所で道路に出てきたカエルを見かけることもよくあるので、当方の自宅ばかりではなく、周辺でも結構多くの数が生息しているのかもしれません。

過去にさかのぼって考えてみると、管理人がまだ子供の頃に印旛沼の方で大量のカエルを獲ってきながら、手に負えなくなって一部を庭に放したことはあったのですが、それらが繁殖を繰り返し、その子孫が何十年も時が過ぎた今でも生き長らえているとでもいうのでしょうか。。。

しかしカエルの卵やオタマジャクシは水がないとダメなはずで、単なる住宅街という環境を考えるとやはり不思議でなりません。あとそれらのカエルの鳴き声を聞くことがまったくないというのも謎です。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

信号機いらずの交差点





日本で一定以上の交通量がある道路の交差点といえば、信号機の付いた丁字路や十字路などが当たり前といった感覚がありますが、欧米では信号機を必要としない「ラウンドアバウト」と呼ばれる円形状の交差点の普及が1960年代から進み、ドイツでは4000か所以上、フランスの地方都市は原則としてすべての交差点に導入されているそうです。(YOMIURI ONLINE

信号機がないことで無駄な待ち時間がなくなるほか、十字路等では直進車両と右折車両の衝突事故が大半を占めるのではないかと思いますが、そのような重大事故が確実になくせるという利点もあります。

また、停電になると信号機が機能しなくなりますが、そういった問題もないため、震災時の停電で交通網が混乱した東日本大震災の被災地も関心を寄せているとのことです。

国内ではこのラウンドアバウトはあまり普及していないものの、それでもこれまでにおよそ10箇所ほどの設置例があるようで、長野県飯田市の飯田ケーブルテレビが吾妻町にあるラウンドアバウトの様子を映しているライブカメラでその様子を見ることができます。(リンク

そして、よくよく考えてみるとわが千葉県内にもこのラウンドアバウトではないかと思われる交差点があることを思い出しました。
それは、千葉市稲毛区緑町2丁目の京成みどり台駅近くにある五差路の交差点です。




大きな地図で見る

駅前によく見られるロータリーに通じるものが感じられつつも、ここでは駅からやや離れたところにあることが以前から気になっていました。

また、昭和49年度の空中写真を見てもすでに存在していることから、おそらくはこの付近が宅地開発された当初から設置されているものではないかと思われ、それを考えるとかなり先進的と言えるかもしれません。

国土情報ウェブマッピングシステム空中写真より
p130301-01.jpg

とにかくこのラウンドアバウトが今後国内でも普及していくことになるのかどうかが注目されるところです。
posted by SS at 00:11| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

歴代ケータイの記録





今回は管理人がこれまで使用してきた携帯電話について振り返ってみたいと思います。2000年代に入った直後の使用開始からほぼ3年ごとに機種変更してきました。キャリアすべてauで、今後も変えるつもりはありません。

:初代【C302H】日立製 1999年12月25日発売(詳細リンク

2000年前後にケータイが一般に広く普及しはじめた頃の最初期に登場した端末です。ストレート型をした非常にシンプルなもので、「IDO」というロゴが入っていたことも時代を感じさせられます。この当時はアンテナを伸ばさないとまず通話ができず、途切れてしまうこともしばしばありました。とはいえ初のケータイだっただけに外出先で通話が可能になったことにかなり感激させられたほか、EZWebで電車の時刻などが簡単に調べられるようにもなったりとなにかと重宝したものです。

:2代目【A3012CA】カシオ製 2002年4月1日発売(詳細リンク

この端末から折りたたみ型となり、また35万画素ながらカメラも付きました。なんでもau初のカメラ搭載ケータイだったそうですが、写りが悪くあまり使い物にならなかった記憶があります。

:3代目【A5401CA】カシオ製 2003年5月30日発売(詳細リンク

au初のメガピクセルカメラ搭載ケータイで、画質が飛躍的に向上しました。端末の大きさや重さもちょうどいい感じで、手によくなじむケータイだったと思います。スタイルもお気に入りでした。

:4代目【W41H】日立製 2006年2月11日発売(詳細リンク

また初代と同じ日立製に戻りました。ワンセグを搭載した初期のケータイです。購入の際、かなり安定性が高く当時のauで長いこと売上ナンバーワンを記録した同期のW41CAと迷いましたが、当方多機能のハイスペックモデルが好きなことや、ワンセグも早めに体験してみたかったことからW41Hとなりました。しかし初期のワンセグのためか受信感度があまりよくなく、なにより厚みがあってかなり大きく、ズッシリと重たい端末のサイズと質量が最大の難点だったと思います。なお、このケータイから通話用のアンテナはなくなり、その代わりワンセグ用のアンテナが付きました。また、外部メモリとしてminiSDも使用できるようになっています。

:5代目【H001】日立製 2009年2月6日発売(詳細リンク

世界初の3D対応3.1インチワイドVGA+の液晶ディスプレイが搭載されたWoooケータイです。前機種のW41Hでは一旦姿を消していたサブディスプレイがLED式となって復活し、時計などの確認が便利になったほか、ワンセグの受信感度も若干よくなりました。また、大きさもW41Hと比べはるかに薄くコンパクトにはなったものの、角張った形状が災いしてどうにも手になじみにくいという点では、まだW41Hのほうがマシだったのではないかと思います。あと外部メモリがminiSDからmicroSDになりました。

といった感じでこれまで5台のケータイを使用してきたわけですが、どの端末も一度も不具合やフリーズなどが発生することなく大活躍してくれました。

そして最後のH001を購入してから3年が過ぎ、これまでほぼ3年毎にケータイを替えてきた管理人にとってはそろそろ買い替えを検討してもいい時期になったわけですが、果たしてどうなったのか・・・この続きはまた次回にしたいと思います。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ありがたい100円ショップ





今や100円ショップは日常の生活に欠かせないもののひとつとなっている方も多いのではないでしょうか?

管理人もそのうちのひとりで、これほどまでに100均が増えて、どこへ行ってもほぼ利用することができるようになるとは本当に便利な時代になったと思う反面、まだお金がなかったにもかかわらず通常のお店で高い金額を払っていろいろな商品を買っていた学生時代に100均が普及していたら、どんなに助かったことだろうと今さらながらに感じさせられるのと同時に、現在の子供たちが羨ましくさえなってくるというものです。

ところで、大手の100円ショップが普及しはじめたころ、管理人がもっとも初期に利用したのは「イトーヨーカドー東習志野店」の中のダイソーではなかったかと思います。現在は4階で広いダイソーが営業されているものの、その当時は2階にあってかなり狭い店舗だったと記憶していますが、利用しはじめたころは「本当にこんなものが100円なの?」と驚きの連続だったものです。

ただし当初のダイソーでは買っても使い物にならない商品が多かったことも確かです。それで苦情が殺到したためか、店内に「ちゃんとした商品をご希望の場合は他店でお買い求めください」みたいな、かなり強気とも取れる貼紙をしていた時期もありました。当方それを見てやっぱり安かろう悪かろうではないかと若干信用を失いかけたりもしましたが、やがて商品のクオリティが徐々に上がっていき、現在では大半の商品が問題なく使えるものになったほか、100円ではクオリティの確保が難しい商品は150円以上の値段で販売するようになったりしています。

また、100均でないと入手不可能な商品というのも結構あったりするだけに、週に1回以上は必ず利用していますが、そんな当方にとって100均のない商業施設ほど不便でつまらないものはなく、そういう点でも何故か今どき100均を入れようとしない最近のイオンモールやアリオといった巨大SCにはあまり買い物へ行く気になりません。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

熱中症にくれぐれもご用心!





まだ梅雨明けはしていないものの、ここのところかなり暑い日が続いております。本日16日は千葉県内でも朝から気温が上がり、茂原で33度9分、市原の牛久と横芝光で33度4分の最高気温を記録し、県内15の観測地点のうち7か所で今年一番の暑さになったそうです。

いっぽう、11日に開幕した高校野球千葉大会では、管理人の出身校が現在のところ順調に勝ち進んでおり、ぜひ初優勝をめざして頑張ってもらいたいところですが、本日習志野秋津球場で行われていた高校野球の試合で、応援していた女性4人が相次いで熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送されたことが報じられていました。それ以外でも本日県内だけで20人以上が熱中症により救急搬送されたとのことです。

あす17日もまたかなり厳しい暑さとなる模様で、さらに明後日以降も30度を超える蒸し暑い日が続くみたいなので、常日頃から当ブログをご覧いただいている皆様も熱中症にはくれぐれもご注意のうえお過ごしください!
posted by SS at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

不可解な病院の対応





今回はちょっとシリアスな話になりますが・・・

かつて当方の家で飼っていたネコが外から帰ってきた際、かなりグッタリしていつもの元気がない様子だったので、心配になり翌日とある動物病院へ連れて行ったのですが、獣医はただ首をかしげるばかりで結局原因がわからないらしく、何か得体の知れない注射を1本打っただけでそのまま帰宅した後、まもなく息を引き取りました。

また、病気のため長い入院生活を強いられていた当方の祖母が、呼吸が荒くなりいよいよ危ないという状態になった際、看護婦がやはり何か得体の知れない注射を打ち、それから数時間後に亡くなりました。その場に居合わせた親族が何の注射なのか尋ねても返事がなかったそうです。

これらの注射は単に苦しみを和らげる鎮静剤のようなものだったのかも知れませんが、いまだに少々不可解な気がしてなりません。

さらにそれから数年後、当方の祖父が入浴中に意識を失ったため、祖母が亡くなったところとは別の病院へ救急搬送し入院させ、一旦は意識が回復したものの1週間後ぐらいにやはり呼吸が荒い状態になったのですが、そこで担当の看護婦が祖父の痰を取ったところ、その直後に息を引き取りました。その際付き添っていた母によれば、痰の取り方がかなり乱暴で、祖父もかなり苦しがってたとのことです。

この祖父の件は当時どうしても看護婦の過失としか思えなかったながら、家族や親族を含めとくに責任を問うようなことはしませんでしたが、それがなかったらもっと長生きできたのではないかと思うと、今でも納得がいかないというのが正直なところです。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

謎の動物





管理人はこれまでの人生で自宅の周辺をさまよい歩いている動物といえばイヌやネコぐらいしか見たことがありませんでしたが、1〜2年ほど前の夜にどう考えてもそのイヌとかネコではない動物を見かけたことがありました。

そして先日ついにその姿をカメラでキャッチしました!

ss120409-01.jpg

残念ながら被写体がかなり小さく不鮮明な画像ではありますが、鼻が尖っており、なおかつ鼻筋が白く、胴長な感じもして、やはりイヌやネコでないことがおわかりいただけるのではないかと思います。

また、これとは別の日の夜に同じものと思われる動物が2匹、縦列で道路をゆっくり横断している姿も目撃しました。

ネットでいろいろと調べてみたところ、姿形が「アライグマ」に似ているようにも思えたものの、そのアライグマの特徴である尻尾に縞模様が見られないので却下。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%9E&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

さらに鼻筋が白いならば「ハクビシン」の可能性も考えたのですが、ネットで出てくる画像のハクビシンほど顔の模様が個性的ではないのも確かで・・・

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B7%E3%83%B3&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

結局は「ホンドタヌキ」にもっとも近いという結論に落ち着きました。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%82%AD&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

それにしても冒頭でも触れたとおりこれまで長い間イヌやネコしか見たことがなかったというのに、ここへきてこんな変わった動物を見かけるようになるとは驚きです。
当方の自宅周辺ではタヌキなどが棲息しやすそうな場所が昔よりも減ったのは明らかですし、そもそも普通の住宅街にタヌキとかなんて存在するものなのでしょうか。。。
posted by SS at 00:00| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

2011年の終わりを迎えて





2011年も残すところあと僅かになりましたが、今年の場合は何といっても東日本大震災という未曾有の災害が発生したことがもっとも大きな出来事だったのではないかと思います。とくに東北地方を襲った大津波は、「こんなことが起こり得るのか?」と思わず目を疑ってしまうほどの惨状としか言いようがありませんでした。管理人は千葉県内の自宅でこれまで体験したことのない大きな揺れに見舞われただけでも、今まで生きてきた中でもっとも怖い思いをしたというのに、その後さらに襲ってきた大津波を間近で体験された方々の恐怖心はいかばかりであったかを考えると、今でも胸が締め付けられます。まさか当方が生きているうちにこれほどの大災害が起きようとは思いもしませんでした。

また、この震災による福島第一原発の事故は関東地方にまで大きな被害をもたらしているわけですが、あれほど安全だといわれ続けてきた原発施設が、いくら想定外の大きさの地震や津波に襲われたからといって、こんないとも簡単に破壊されようとはまったく驚きで、ひとたび事故が起れば広範囲にわたり多大な影響を及ぼすほどの重要な施設にもかかわらず、あまりにもずさんだったとしか言いようがありません。電力不足により実施された計画停電については、幸いにして我が家では一度も経験しないで済んでいますが、その「計画停電」や「輪番停電」といったワードを耳にするのも初めてのことでした。そういった電力不足や放射能の問題がいつになったら収束するのか、いまだ不透明な状態が続いています。

そして、震災はすべてのものを狂わすということもいい経験になりました。街へ行けば夜でも明るく、お店に行けば欲しいものが手に入り、食べたいものがなんでも食べられるといったように、それまで当然のことのように思っていた日常が震災によって脅かされ、日頃ちょっと贅沢すぎた生活を見直すきっかけになった方々も多いのではないでしょうか。さらに、交通機関のマヒによって帰宅が困難になった際の対策や、携帯電話がまったく使い物にならなくなったことにより、緊急時の家族間などにおける連絡手段の確保といった問題を真剣に考えさせられた方々もきっと多いことでしょう。

あと、今年は震災以外にも大きな台風による災害や、海外に目を向けるならばタイの洪水など、とにかく水の恐ろしさというものをつくづく思い知らされた1年だったと言えます。とくに台風第15号が関東地方を直撃した9月21日は、3月11日に引き続き首都圏で多くの鉄道が運転を見合わせ、1年に2度も多くの帰宅困難者が出るような事態になるとは驚かされましたが、確かにこの台風の風雨についても、めったに体験することのない強力なものでした。

災害以外では、テレビ放送がアナログからデジタルに移行したこと、そしていつも普通に買い物や食事へ行っているようなとても身近なところからわが国の総理大臣が誕生したことなどが管理人にとってはわりと大きな出来事だったという印象です。

それから個人的なこととして、当方年末は何かと忙しいので部屋の大掃除はいつも年が明けてから行うのですが、今年もまず年始に大掃除をして、3月の大震災で部屋の中がめちゃめちゃになって大がかりな片づけを強いられ、さらに6月には地デジ化に備えてテレビを入れ替えたり、エアコンが壊れたので付け替えたりと、とにかく部屋の掃除や整理に追われた年でもありました。

といった感じで2011年は一生涯忘れることのできない、また忘れてはならない1年になったのは間違いないでしょう。関東を中心にまだまだ大地震発生の可能性が高いことが指摘されていますが、来る2012年こそは大きな災害のない平穏な日々を過ごすことのできる1年になることを願って止みません。

それでは、今回が当ブログ本年最後の記事となります。
今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m
2012年もぜひまたよろしくお願いします!
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

過度な節電は不要!



関東地方も梅雨が明け、いよいよ本格的な暑い夏がやってまいりました。

今夏は電力の供給不足により、おのずと節電意識が高まっていることと思いますが、当方が疑問に思うのは四六時中節電しなければならないような雰囲気になっていることです。

これは意外と知られていないように思えるのですが、電力は水などと違って基本的に溜めておいてその分を後で使うといったことができません。従って電力需要のピーク時は午前9時から午後5時までとされていますが、それ以外の節電はあまり意味がないのです。

とはいえピーク時ではないからといって電力の無駄遣いをしていいはずはなく、もともと地球環境のことを考えるならば節電は大切で、また電気代を節約するために使用電力を抑えるという考えもあるとは思いますが、過度な節電はいかがなものでしょうか。

たとえば暗い夜道は危険で、犯罪を増やす要因にもなるだけに、街灯は明るすぎない程度に点灯すべきではないかと思います。とくに目の不自由な方々が、震災以降の街中があまりにも暗すぎるために苦慮されているという報道を見て、それを痛感させられました。

また、これから関東地方でも30度以上の真夏日と25度以上の熱帯夜がしばらく続く模様ですが、無理にエアコンを我慢したために熱中症で命を落としてしまっては本末転倒であるだけに、先にも述べたようにピーク時以外ならばエアコンを入れてもそれほど問題はなく、ピーク時間帯でもかなり暑いと感じたら電力不足を考慮し設定温度を高めにしてでも入れるべきでしょう。

とにかく節電も重要ですが、自分の身体は自分で守りつつ今年の夏を乗り切りたいものです。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

新京成800形に惜別の意





イトーヨーカドー津田沼店でこんなものを見かけました。

o100730-01.jpg

貼ってあるシールを拡大すると・・・

o100730-02.jpg

最近では成田スカイアクセスなど、新線の開通を記念してその沿線のお店でセール等が行われることはめずらしくないものの、鉄道車両の引退、それも新京成800形のようなとくに名車として名高いわけでもない車両の廃車がこのような形で惜しまれるというのはきわめてめずらしいことではないかと思います。

さすがは新京成沿線に古くから存在し、なおかつ新京成の拠点とも言える新津田沼駅の真ん前で、同社が所有する最大級のビルを借りて営業されているヨーカドーの店舗のことだけはあるなぁと・・・

管理人自身、新京成800形の引退にはかなりショックを受けているところですが、こんなちょっとしたことでも津田沼のヨーカドーが同車に惜別の意を表していることを知って思わず嬉しくなった次第です。
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

感じ悪いショップ





稲毛海岸の「イオンマリンピア専門館」2階にある999円ショップはいつ見てもお客さんの姿がほとんどありませんが、よく営業が成り立つものだなぁと・・・
そういえばこのショップがオープンしたての頃に管理人が商品を見ていたところ、当方のすぐ背後で店員に棚の商品の整理をするふりをしながら見張られたことがありましたが、そういった感じ悪い思いをした店には二度と行く気になれません。おそらくは同じようなことを当方以外の客にも繰り返すうちに誰も寄り付かなくなったのでしょう。
ただこのマリンピア専門館は全体的に人が少なく感じられることも確かで、以前お伝えしたように3階の「ヴィレッジヴァンガード」も撤退してしまいましたが、もっと魅力的で集客力のあるテナントの誘致が必要ではないかという印象を受けるところです。


大きな地図で見る
posted by SS at 00:33| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

暖かいバレンタインデー





当方は只今暖房いらずのTシャツ1枚で過ごしていますがw
なんか2月にしてはそれでも平気なぐらい異様な暖かさです。
昨日の天気予報によれば、本日の千葉の予想最高気温が22度となっていましたが、1年のうちでいちばん寒いようなこの時期に果たしてそこまで上がるのでしょうか。。。
気象庁の過去の統計で調べてみたところ、2月に千葉で20度以上の気温を記録したことは皆無ではないものの、少なくとも過去30年間では2004年2月22日の20.1度、及び2006年2月15日の20.5度の2回と、いずれも21世紀に入ってからとなっています。もし本日千葉で20度を超えれば過去30年間で3度目、予報通り22度ぐらいまで上がるなら2月としては気象庁観測開始以来の最高気温となることは間違いないでしょう。
関東では昨日「春一番」が吹いたと発表され、これは過去10年間でもっとも早いとのことで、とにかく今冬は記録的な暖冬になりそうです。しかし来週になると再び寒の戻りがあるらしく、体調管理には十分にお気をつけください!
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

祖父のおかげで・・・





ここのところ毎日のように凄まじい豪雨が続いており、その被害状況が報じられておりますが、当ブログをご愛読いただいている皆様のお宅はご無事でしょうか?
ところで、当方がまだ生まれる前の母方の家族は、東京葛飾区の京成高砂車庫内にあった社宅に住んでいたのですが、大雨が降るたびに近くの河川の水があふれ、床上浸水に悩まされていたそうです。そこで、祖父が郊外へ新居を建てるときに、とにかく水害がない場所ということに重点を置いたらしく、高台で駅からも近い現在の場所へと落ち着きました。徒歩で帰宅の際に毎度坂道を上らなければならない苦労はあるものの、どんなに大雨が降ろうと浸水などの心配がないのは、今は亡き祖父のおかげだと思っている次第です。

参考までに、当時この道の奥にあった京成の社宅に住んでいたそうです。

大きな地図で見る
posted by SS at 20:20| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

Googleストリートビュー





今何かと話題になってるGoogleマップのストリートビューってすごいっすねぇ(゚д゚) 航空写真がいつでも気軽に閲覧できるようになったり、Google Earthを初めて知ったときもかなり驚かされましたが、今回のストリートビューにはさらにビックリ!! 昔からの地図好きにとって、その場所に行かなくても実際の風景が見れるというのはマジですごいことだなぁと・・・
当方の自宅前の道はまだ対応していませんが、将来的にかなり細かい道まで見れるようになり、しかも全国対応となるのでしょうか。プライバシーの面などで問題になるのはわからなくもないものの、当方的にはかなり便利で面白いものだと言えます。また、タグを貼るだけでブログ等でも表示可能なため、当方も今後活用したいと考えているところです。

参考までにこんな感じです。

:千葉城

大きな地図で見る

:セントラルプラザ跡地に建設中のマンション

大きな地図で見る
posted by SS at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする